MENU
TEL LINE

赤ちゃん同乗の運転時に増える交通事故|鶴橋整骨院 | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 交通事故のまめ知識 > 赤ちゃん同乗の運転時に増える交通事故|鶴橋整骨院

赤ちゃん同乗の運転時に増える交通事故|鶴橋整骨院

2014.10.15 | Category: 交通事故のまめ知識

s_011

 

 

 

 

(交通事故イメージ)

赤ちゃん同乗の運転時に増える交通事故|鶴橋整骨院

 
赤ちゃんを乗せて運転するとき、子供を持つお母さん方はいつもより運転に
注意を払うのは当たり前のことと思います。
 
アメリカン・ベイビーという雑誌では、
赤ちゃんを同乗して運転した場合のほうが乗せていない場合より
交通事故率が高いことがわかりました。
 
2歳未満の赤ちゃんを持つお母さん2400人を対象に調査した結果、
10パーセントの母親が交通事故にあったことがあると答えていました。
これは一般的な交通事故率に比べて3倍以上あるといわれます。
 
赤ちゃんをもつお母さんは平均睡眠時間5時間程度もない人が
多いのではないでしょうか?
このような睡眠不足の状態が突発的な状況に対する判断を鈍らせる
専門家が指摘していました。
 
半数以上のお母さん達の意見として
・運転など1つのことに集中するのは難しい
・忙しいときは赤ちゃんが乗っていてもスピード違反してしまう
・赤ちゃんに必要なものを急いで買いにいく時に、無理な運転をしてしまう
 
このような点が、お母さんたちを『危険運転者』という原因にしている
のかもしれないですね。
 
当院でも小さいお子さんがいるたくさんのお母さん方が
治療を受けられています。
今回調べてわかった事を、伝えながら交通事故により注意して
いただけたらと思います。
 
もし分からないことや知りたいことなどがある場合は、
交通事故専門院の当院までお気軽にご相談ください。
ページのトップへ戻る