TEL

冷シップと温シップどっちを貼ればいいの? | 玉造在住女性 | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > 冷シップと温シップどっちを貼ればいいの? | 玉造在住女性

冷シップと温シップどっちを貼ればいいの? | 玉造在住女性

2014.04.17 | Category: 豆知識

シップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「シップイラスト」

冷シップと温シップどっちを貼ればいいの? | 玉造在住女性

先日玉造から来院されている患者さんから素朴な質問がありました。

その患者さんは腰痛で来院されていたのですが、

「普段貼るシップは温シップと冷シップどちらを貼ればいいのですか?

また冷シップには冷やす効果が含まれているのですよね?」

と訪ねられました。

私は『シップ自体には冷やす効果や温める効果はあまり無く

貼った時に冷たく感じるかぴりぴりと暖かく感じるかの違いなんです。

シップに含まれている成分に違いはほとんどないのですよ!』

と言いました患者さんはなるほどと納得したようでした。

※温シップは唐辛子などに含まれるカプサイシンが入っていることがあるので皮膚がかぶれ易い方は注意してください。

当院では様々な質問や相談を行っております。

少しでもお悩みのある方はお気軽にご相談下さい。

 

ページのトップへ戻る