MENU
TEL LINE

交通事故にあった場合の対処法(流れ) | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 交通事故のまめ知識 > 交通事故にあった場合の対処法(流れ)

交通事故にあった場合の対処法(流れ)

2014.02.12 | Category: 交通事故のまめ知識

256

 

 

 

 

 

 

 

(交通事故流れイメージ)

交通事故にあった場合の対処法(流れ)

皆さん交通事故に遭った場合の対処法は知っていますか?

大きな怪我人がいない場合は一般的な流れは以下のように

なっています。

1、まず警察に届けます・・・自分が事故に遭った場合、警察に届けを

  出すことで、人身扱いの事故証明をだしてもらいます。

2、次に相手の確認をします。

  住所、氏名、連絡先、自動車保険の会社などを知る必要があります。

3、目撃者確認

  もし相手とのトラブルになった場合、第3者の意見は効果があるので

  証言をメモし、連絡先を聞いておきましょう。

4、自分でも分かる限りの記録を残しておきましょう。

5、自分では軽傷と思っていても後から痛みや様々な症状が

  起きる場合があるので、医師の診断は受けておきましょう。

  以上が交通事故に遭った場合の流れになります。

交通事故に関して、少しでも不安や悩みがありましたら
交通事故専門院の当院までご相談ください。

 

 

  

ページのトップへ戻る