MENU
TEL LINE

天王寺区のバレエダンサー | ストレッチ | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > ストレッチ > 天王寺区のバレエダンサー | ストレッチ

天王寺区のバレエダンサー | ストレッチ

2013.05.23 | Category: ストレッチ

 

 

天王寺区在住のバレエダンサーの方から聞いた話し

 

天王寺区在住のバレエダンサーから聞いた話しですがその患者さんは私が223歳の頃から診させて頂いている患者さんで、もうかれこれ2425年の付き合い?になります。

 

今思えば昔?の当時の自分の拙い(つたない)施術でもよく文句を言われなかったな~と思う患者さんであり自分を育ててくれた患者さんの一人でもあります。

 

 

 

その患者さんが言うには舞台が終わって楽屋で自分の親とその友人の挨拶を受けた際にその友人から「身体柔らかいわね~! 肩こりや腰痛なんて無縁なんでしょう?」と聞かれてしまった・・・ということでした。

 

でも実際はそんなことはないんです。

 

何故かというと・・・。

 

 

一般の方から見れば筋肉や関節が柔らかければ肩こりや腰痛、その他ならないと思うかもしれませんが、柔らかくても肩こりや腰痛、膝などその他の怪我、古傷をもっている方は沢山いらっしゃいます。

 

 

 

確かに柔らかければ日常生活レベルではより健康的に過ごせることが多いと思いますが、役者さんやバレエをされる方、その他の方など柔らかければそれを支える筋肉が必要になってきますし、特に身体の奥深い所の筋肉(インナーマッスル)のリハビリ、ケアーは欠かせません。

 

 

 

もちろん公演回数やその作品の運動量、振り付けも大きく関係してきます。

 

 

自分の年代か更に上の年代で現役をされている方、プレーされている方は随分と少なくなってきています。

その方達が一年でも長く現役でプレーして、或いは舞台に立ちなおかつ結果を残していって欲しいと心から思います。

 

もしストレッチや運動など何か分からないことがあればお気軽にスタッフに声をかけて下さい。

 

 


ページのトップへ戻る