MENU
TEL LINE

交通事故で加害者になってしまったら。 | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 交通事故のまめ知識 > 交通事故で加害者になってしまったら。

交通事故で加害者になってしまったら。

2011.12.04 | Category: 交通事故のまめ知識

本日は、『交通事故で加害者になってしまったら。』についてです


皆さん、日本では1日何件の興津事故が報告されているかご存知ですか?


報告されているだけで一日に約2000件もあります。大阪も事故は多いですよね。

報告されていない自転車同士の事故や車の事故を合わせると倍以上になるものと考えられます。


交通事故に合う確率は被害者になる確率と加害者になる確率 どちらが高いかわかりますか?

単純に考えてみてください。


自分が車を運転していて壁や縁石に車をぶつけたり擦ったりしたことありませんか?


実はそれも交通事故になります。


ということは、交通事故は加害者になる確率が圧倒的に高いのです。


加害者(ここでは交通事故を起こした方)は自分が悪いことをしているという心理状態になるので自分の体が怪我をしても、病院で治療を受けることは少ないそうです。(統計上)

しかし、加害者の方も病院等で治療を受けることが可能なのです。

なぜなら、その時の為に交通事故の任意保険に加入しているからです。


基本的に任意保険は自分自身が起こした交通事故に対しても保険が適応されます。


ということは、治療費負担が実質ゼロ円になります。

(その怪我に対して慰謝料も補償される場合があります。)


交通事故での怪我は初期治療がとても大切です。

いかに早く治療を行うかで予後も変わってきますので、悩まれている方は一度ご相談ください。


交通事故専門ダイヤル

06-7891-3719

ページのトップへ戻る