MENU
TEL LINE

居眠り運転で怪我をした場合どのような治療を受ければいい? | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 交通事故のまめ知識 > 居眠り運転で怪我をした場合どのような治療を受ければいい?

居眠り運転で怪我をした場合どのような治療を受ければいい?

2011.09.19 | Category: 交通事故のまめ知識

本日は『居眠り運転で怪我をした場合どのような治療を受ければいい?』についてです。


居眠り運転で事故をされた方で実際に当院で治療した方の実例を報告させて頂きます。


昨日、居眠り運転で交通事故を起こしてしまい、首に痛みがあるとのことで来院されました。


診察をした結果、むちうち症と判断されました。

頭を支えるための筋肉を傷められており首の動きも(可動域)もとても悪く熱感もある状態でした。

当院ではまず、アイシングを施し炎症を抑え首の負担をとるようにテーピング固定を施しました。

その後、治療を数回重ね 現在では後遺症も残らず回復されております。

むちうちの治療で大切なことは いかに早く治療をするかです。

むちうちを放っておくとどうしても治りが悪くなりやすいです。

ひどい人は後遺症が残る方もいらっしゃいます。


ご自身のお体ですので、大切にしてあげてください。

ページのトップへ戻る