MENU
TEL LINE

肩こりで病院に行くとシップを貰ったそうです。 | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 肩こり > 肩こりで病院に行くとシップを貰ったそうです。

肩こりで病院に行くとシップを貰ったそうです。

2012.10.23 | Category: 肩こり

 

 

スポーツ選手を診ていると外人の方を診ることが多いのですがアジアには結構あっても欧米にはシップという文化??はあまりないようです。

肩こりってあなどる無かれ・・・

日常生活でいろんなシーンで、いろんな所に支障があるという方も少なくありません。

 

病院に行って病院で肩の動きが悪くて固い、なにかした時に痛みが出る・・・のなら各チェックやテスト法、画像診断などで診立て(みたて)をしますが肩こりの場合「画像に出てこない」「特に誘因になることもない」などで薬や麻酔薬を神経の根元に注射するということが多いようです。

 

 

薬に関しては自分は薬剤師でも医師でもないので詳しくあれこれ言えないのですが症状を感じさせなくする鎮痛剤、血の巡りを良くする血管拡張剤、ビタミン剤、時に精神安定剤を使われることがあるようです。

 

 

シップや血管拡張剤、ビタミン剤の効果は医師の間でも意見が分かれるところで、医師で身体を無理に使いあちこち痛い、肩こりがあるという方はたくさんいらっしゃいます。


病気から来る肩こり当てはまるものはまた話しが違ってきますので年に1~2回ぐらいは健康診断をオススメします。

 

肩こり に悩まれている方は大阪市生野区のハートフルくすのき整骨院に御相談して自分の肩こりを分析して下さい。


ページのトップへ戻る