MENU
TEL LINE

知っていますか?交通事故裁判の流れ | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 交通事故のまめ知識 > 知っていますか?交通事故裁判の流れ

知っていますか?交通事故裁判の流れ

2011.09.10 | Category: 交通事故のまめ知識


交通事故に遭ってしまった場合


まず、どうしたらいい?


保険会社とのやりとりや示談交渉、どうしたらいい?


交通事故は実際よくあることです。

(1日約2000件の交通事故が起こっています。

あなた自身がまだ遭っていなくても、運転中、事故車両を見かけたことは何度でもあるのでしょうか?

交通事故に遭遇し、相手方との交渉が不利に終わってしまった。


では、遅いのです


事故に遭わないような運転をするのがもちろんですが、いくら注意をしても被害者になることもあります。

もし、交通事故に遭遇してしまった場合、まず、何をするべきなのでしょうか。


そして相手方との示談交渉は、こちらが交通事故示談交渉の知識を持っていることが大切です。


何も知らない、では相手方の有利にことが運んでしまいます。


そして話し合いがまとまらない場合、裁判所に訴えるというのは国民の権利ですので、然問題ありません

しかし、裁判というのは、膨大な資料や証拠の準備が必要になります。


裁判に出席するのも平日ですし、できるだけ裁判をしない方が実は得なのです。

裁判にしないためには、やはり示談交渉がお互いに妥協できる内容であることが必要です。


示談交渉を有利に運ぶために、一番必要なのは、理論的根拠です。


それを加害者は誠意とともに示しているか、被害者は相手が誠意を示す交渉をしているのかどうか、を見極めるためにも理論的根拠を知る必要があります

もちろん治療をどれくらいの期間行なっていたのかも重要なポイントになります。


詳しくはお気軽にお尋ねください。

ページのトップへ戻る