MENU
TEL LINE

肩こりと【お風呂・カイロ】の関係について | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 肩こり > 肩こりと【お風呂・カイロ】の関係について

肩こりと【お風呂・カイロ】の関係について

2012.07.18 | Category: 肩こり

 

皆さんは肩こりを感じますか?

筋肉に疲労物質がたまり、血行不良となった状態を続けることで、肩、または首に違和感を感じるようになり、これが肩こりと言われるものです。

疲労物質を排出するには、血流量を上げていくことが需要です。お風呂などで、温かい状態とすることで、血流量が増し、筋肉にたまった老廃物(乳酸)が流れていきます。
お風呂につかるときには、なるべくぬるま湯に長時間つかるようにしましょう。

そうすることで、体の芯まで温まりこりがほぐれていくでしょう。

また、お風呂のもう一つの効果として、ストレスが和らぎます。

同様の効果のあるもので、

・蒸しタオルを肩に乗せる。肌に触れてもやけどしないように注意しましょう。また、一定時間たった後、冷えたタオルをのせたままだと、患部も冷やしてしまうことになりますので注意しましょう。

・ドライヤーで温風をあてる
・使い捨てカイロをあてる

などがあります。

あまりにもひどい場合には、お湯につかり、体が温まったところでお湯から上がり、冷たい水や氷を患部に5分程当てます。

これを数回繰り返すと、血行がよくなり、筋肉にたまった

老廃物が排出されます。

手技で筋肉をほぐすのも効果的です。困った方は鶴橋にある

当院へお越しください。


ページのトップへ戻る