MENU
TEL LINE

肩こりとストレッチの関係について | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 肩こり > 肩こりとストレッチの関係について

肩こりとストレッチの関係について

2012.06.13 | Category: 肩こり

 

    肩こりってつらいですよね…。

  痛みが出る前に予防ができたらいいですよね。

 

             

ストレッチは、簡単にいうと筋肉をやわらげるための、効果的な伸びのことです。

「今日は肩が疲れたかな、こったかなぁ」と感じたら、肩こりストレッチをしてみましょう。

ストレッチをする時は、無理にしようとすると、筋肉が逆に疲れてしまいます。

また、呼吸を止めてすると、心臓に負担がかかるだけでなく、筋肉がうまく伸びません。

動きの途中で息を止めないようにしましょう。

呼吸は深くゆっくりと、行なうことが大切です。

体が冷えているときに行なうと、筋肉を痛めてしまうこともあります。

入浴後などの体があたたまったときに行なうのが良いでしょう。

ストレッチは筋肉の真ん中を伸ばすより、関節近くの筋肉を伸ばすことです。

関節付近にある筋肉は腱と言いますが腱が伸びると自然と筋肉の

真ん中も柔らかくなり肩こりの予防に効果的です。

皆さんも是非してみましょう。

ページのトップへ戻る