MENU
TEL LINE

「急性の痛み」と「慢性の痛み」 | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 痛みについて > 「急性の痛み」と「慢性の痛み」

「急性の痛み」と「慢性の痛み」

2011.11.26 | Category: 痛みについて


今日は痛みについてブログを書いてみます。

「痛み」は「急性の痛み」と「慢性の痛み」の2種類に大別することができます


「急性の痛み」の代表は、切り傷や内臓の炎症などといったものがあります。

体に異常が起きた場合におこる警報であり、生きていくうえで必ず必要なものです。


それとは反対に「慢性の痛み」とはどういったものかというと、腰痛や肩こりがこれにあたります。

警告の役目は終わっているにもかかわらず、いつまでも不必要な警報を鳴らし続ける状態と考えてください。

朝、目覚まし時計が鳴って、起きたにもかかわらず、目覚まし時計が鳴り止まない、、、見たいな感じです。

つまり、生きていくうえで「百害あって一利なし」なものです。


「慢性の痛み」はとにかく無くしていくのが一番です。

 交通事故治療認定院

大阪市生野区鶴橋2-18-10

ハートフルくすのき鍼灸整骨院

ページのトップへ戻る