MENU
TEL LINE

〔契約書〕交通事故で確約書を書くように言われました。 | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 交通事故のまめ知識 > 〔契約書〕交通事故で確約書を書くように言われました。

〔契約書〕交通事故で確約書を書くように言われました。

2011.09.03 | Category: 交通事故のまめ知識

『交通事故の現場で、保険に入っていないと相手に伝えたら確約書を書くように迫られました。この場合、書くべきでしょうか?』


      確約書や誓約書を簡単には書いてはいけません。ここで安易に書いてしまうと後日もめてしまう可能性が高くなります。

相手からすれば保険に入っていないということで絶対に払ってもらうようにするためには確約書を書いてもらうほうがいいですよね・・・

 

保険に入っていないで示談の交渉をする際、確約書や誓約書をもって一方的に話を進められる可能性もあります。

誓約書や確約書、契約書等を迫られた場合、専門家と相談し早急に連絡します。と答えてください。

そのほうが最終的にお互いのためになると思います。

気分が動転しそのような契約書を書いてしまった場合弁護士に相談することをおすすめします。

詳しくは下記をクリックしてください。

大阪市生野区鶴橋ハートフルくすのき鍼灸整骨院

ページのトップへ戻る