MENU
TEL LINE

任意保険未加入で対物事故を起こしました。 | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 交通事故のまめ知識 > 任意保険未加入で対物事故を起こしました。

任意保険未加入で対物事故を起こしました。

2012.01.12 | Category: 交通事故のまめ知識

『対物事故を起こしました。任意保険に未加入です。どう対処すれば良いのでしょうか?』


①車に任意保険未加入の場合、自費負担をしなくてはなりません。但し、事故の状況から過失相殺が認められる場合がありますので、事故状況を良く確認しておくことが大切です。また、特に重要な事は、事故現場の道路状況、すなわち、高速道路・一般道路、十字路・丁字路など。当事者の進行した道路幅や信号標識の有 無。相手方の任意保険加入の有無など、現場においてメモしておく事が大切です


②警察官に事故届けをする事は、事故発生の当事者の義務であり、相手方の住所氏名、事故の日時場所の特定、事故車両の確認、事故状況、保険加入の有無などが明白になるからです。


③ここで相手方が、任意保険加入があれば、相手方の事故報告に基づいて相手保険会社から事故の事実確認の連絡が有るでしょう。また、過失の問題や事故車両の 修理費などの交渉ができますが、相手方が、任意保険に未加入の場合は、相互に事故車両の確認や過失の問題などで時おり紛争になる恐れがあります。また、往々にして、過失責任の大きい方や修理費の軽微な方の連絡が、途絶えがちになり事故処理が長期化するおそれがあります。


④よって、事故発生の際は、上記イ記載のとおり当事者間の事故状況や損害状況などが明白になっている場合には、事後の対応も検討できるものと思料します。


⑤具体的には、早期に保険事務所などに相談することにより、示談に関して、弁護士に依頼するなど必要なアドバイスを得る事が肝要かと思われます。


詳しくは下記をクリックしてください。

大阪市生野区鶴橋ハートフルくすのき鍼灸整骨院

ページのトップへ戻る