MENU
TEL LINE

屋内でも要注意!熱中症対策について | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > ,熱中症,睡眠 > 屋内でも要注意!熱中症対策について

屋内でも要注意!熱中症対策について

2018.06.28 | Category: ,熱中症,睡眠

(屋内の熱中症のイメージ)

屋内でも要注意!熱中症対策について

 

夏場に起こる食中毒とは違い、熱中症は感染症ではありませんが

暑い季節になると一気に熱中症になる方が増えるので注意が必要です。

 

また、熱中症といえば海や山など屋外で発症するイメージが強いですが

実際には屋内にいる時でも熱中症を発症するリスクは

十分にあるので油断は禁物です。

 

特に、暑いにもかかわらずやせ我慢してクーラーを使わずにいる場合など

自分でも気づかないうちに

熱中症を引き起こしてしまっているという可能性もあります。

 

クーラーの使い過ぎは確かに良くないですが

だからといって全く使わないで過ごすのにも問題があります。

適切な部屋の温度管理を心がけましょう。

 

 

(熱中症の症状について)

熱中症を引き起こすと、まずめまいやほてり

さらには全身のだるさなどを感じます。

人によってはこむら返りなど筋肉に影響が出る場合もあります。

 

初期症状のうちに正しい対処ができればよいのですが

対処が遅れると意識障害など深刻な状態につながりかねないので

たかが熱中症だと思わず、自分の体を管理しましょう。

 

熱中症を引き起こすと、汗の量が異常に増えたり

あるいはまったく止まってしまったりという兆候が表れます。

 

また、肌の色はまるで日焼けしたようにうっすらとピンク色になります。

身体が送ってくるSOSのサインを見逃さないようにしましょう。

 

 

(熱中症予防について)

熱中症を予防する方法としてまず考えられるのは、十分な水分補給です。

少量の塩分が含まれている飲料ならとなお良いです。

例)ポカリスエット、アクエリアスなど。

 

それに加え、普段からバランスのとれた食事と

十分な睡眠を心掛けることが重要です。

 

特に睡眠については、ただ眠るというだけではなく

〈睡眠環境〉を整えることも重要です。

 

つまり、寝苦しい環境で無理やり眠ろうとしてもダメだということです。

睡眠中に熱中症をおこすリスクを考え

寝室の温度は適切な状態を保つべきです。

 

また、気温が高い日に外出するなら

疲れたと感じたら無理をせず、日陰などで適度な休憩を取りましょう。

休憩中に水分を補給できるよう

ペットボトルや水筒などで飲料を持ち歩くと良いです。

 

もし熱中症になってしまった際の応急処置のポイントは

とにかく日陰や屋内など、涼しい場所へ移動すること

そこで、できる限り迅速な水分補給を行うことが重要です。

 

さらに、首回りやわきの下などを冷やすとだいぶ楽になるほか

可能な限り、衣服を脱がせることも考えるましょう。

ボタンを外すだけでも効果があります。

 

 

当院ではこむら返りなど筋肉に対する治療や

体調を整えるための鍼灸治療や、

マッサージ手技療法を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

 

当院では少しでも悩みが解決するように

治療のご提案をさせていただきます。

 

ページのトップへ戻る