MENU
TEL LINE

季節の変わり目は肌荒れに注意!原因と対処法は? | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > 季節の変わり目は肌荒れに注意!原因と対処法は?

季節の変わり目は肌荒れに注意!原因と対処法は?

2018.05.09 | Category: 豆知識

(肌荒れで悩んでいるイメージ)

 

季節の変わり目は肌荒れに注意!原因と対処法は?

「気になる肌荒れ、季節の変わり目だから?」
「毎年、この時期になると肌荒れする…」

季節の変わり目に、肌荒れを自覚する方は多いのではないでしょうか?

今回は、季節の変わり目に肌が荒れる原因と、対処方法を紹介したいと思います。

 

★季節の変わり目に肌荒れする4つの原因

1.気温差

季節の変わり目に肌が荒れる一番の原因は、気温差です。

1日のうちの気温差が大きかったり、急に冷え込んだり、
急に暖かく(暑く)なったりする時期は、肌を含め、
身体がストレスを感じやすくなります。

気温差によるストレスは、自律神経や肌のリズムを狂わせ、
結果的に肌が荒れてしまうと言われています。

 

2.乾燥

空気が乾燥する季節は、肌の乾燥による肌荒れが起こります。

湿度が低下してくると、肌の水分が奪われやすくなり、肌が乾燥してきます。

乾燥することで、バリア機能が低下し、
肌荒れを引き起こしやすくなってしまうのです。

 

3.大気中の飛散物

季節の変わり目には、大気中に花粉やほこりなどの飛散物が増え、
肌荒れを引き起こすことがあります。

特に、肌が敏感な状態になっているほど、
アレルギーが起こりやすくなり、肌荒れしやすくなります。

最近では「花粉皮膚炎」と呼ばれ、花粉に伴い、
肌にかゆみや赤みが出ることがあるのです。

鼻をかんだり、かゆみで肌をこすることで摩擦が生じ、
さらに肌が刺激を受けやすくなることも関係しています。

 

4.環境の変化によるストレス

春など、環境が著しく変わる時期は、
精神的なストレスにより、肌荒れが起きることがあります。

強いストレスが続くと、男性ホルモンが増加したり、
肌のターンオーバー(肌の生まれ変わり)が乱れたりして、
肌荒れの原因になるのです。

部署の異動などで、周りの環境が変わる時期は、
この原因の肌荒れが多いと言われます。

 

●肌荒れしやすい時期は?

季節の変わり目の中でも、最も肌荒れしやすいのは、3~5月の春先です。

昼と夜の気温差や、前日との気温差も大きいことに加え、
空気の乾燥、花粉、環境の変化など、
肌の調子が乱れる要因がそろいやすい時期になります。

ついで、9~11月も、夏から秋、秋から冬に移行するタイミングなので、
気温差が大きくなるだけでなく、日焼けによる影響が出始め、
肌荒れしやすい時期です。

 

■体の内側から肌荒れ対策をしよう

1.栄養バランスの整った食事を心がける

毎日の食事は、栄養のバランスを意識するように心がけましょう。
健康な肌と体を保つためには、食事からの栄養が大切です。

バランスよく栄養を摂ることが大切ですが、
特に肌の調子を整えるビタミンは、不足しないように意識しましょう。

 

2.質の高い睡眠を取る

深くぐっすりと眠って、質の高い睡眠を取りましょう。

睡眠の質が高くなっているタイミングは、
成長ホルモンが盛んに分泌されている状態だと言われています。

成長ホルモンは、肌の生まれ変わりを助けるとともに、
日中にダメージを受けた細胞を修復するという働きを持っています。

 

3.ストレスをためない

ストレスはためずに、小まめに発散するように心がけましょう。

ゆっくり湯船に浸かる、好きな音楽を聴くなど、
ストレスの解消法は人それぞれなので、自分に合った方法を見つけてみてください。

そして、ストレスを感じたら、小まめに発散する時間を作ってみましょう。

 

おススメのツボ→曲池

 

 

肘を曲げていると感じにくいので、

まず、シワの先端に指を当てて、腕を真っ直ぐに伸ばしてから押すと、

「イタ気持ちいい」曲池が見つかります。 肌の調子を整えてくれるツボです。

免疫力を高めてくれるので、

肌あれ、ニキビ、湿疹など、皮膚にまつわる不調のほか、

疲れ目、頭痛、肩や腕のコリにもいいとされています。

 

当院では季節の変わり目の体調不良や肌荒れを整える為に
鍼灸治療、マッサージ手技療法を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく少しでも

お悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

ページのトップへ戻る