MENU
TEL LINE

交通事故後の「吐き気」「めまい」「頭痛」の原因について | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 交通事故のまめ知識,交通事故治療 > 交通事故後の「吐き気」「めまい」「頭痛」の原因について

交通事故後の「吐き気」「めまい」「頭痛」の原因について

2018.04.26 | Category: 交通事故のまめ知識,交通事故治療

(頭痛、吐き気、めまいのイメージ)

 

交通事故後の「吐き気」「めまい」「頭痛」の原因について

 

たとえば、車同士の追突事故やバイク事故

自転車と車の接触事故などの場合

その場では特に怪我などの症状が見られないことがあります。

 

しかし、後から頭痛やめまい、吐き気などの症状が出ることがあります。

その原因の多くは、むちうちであることが考えられるそうですが

時には重症を負っているケースもあるかもしれません。

 

むちうちで吐き気や頭痛の症状が現れるのは

全体の15~30%に及ぶと言われています。

 

 

「むちうち」は、主に自動車の追突、衝突、急停車等によって

首が鞭(むち)のようにしなったために起こる症状を総称したものです。

しかし「むち打ち症」は,正式な傷病名ではなく

「頸椎捻挫」「頸部挫傷」「外傷性頸部症候群」などと呼ばれます。

 

ただし、適切な治療を受ければ、約40%程度の方は1ヶ月以内

症状の改善が見られているそうです。

脳や脊髄にも損傷が及んでいる危険性もありますので、

症状が現れた場合には、すぐに医療機関を受診するようにしてください。

 

しかし、実はさらに重症な怪我を負っている危険性も考えられます。

 

脳しんとう

まず、比較的柔らかいものとぶつかり

頭部や顎付近に長時間の衝撃(含む回転性)を受けた場合

神経伝達物質の過剰放出されることで

「脳しんとう」となる可能性があります。

 

「脳しんとう」を起こした場合にも

頭痛や吐き気、めまいなどの症状が現れます。

 

その他、意識消失や健忘症状、記憶力の低下といった

むちうちよりも重い症状も現れます。

 

もし交通事故のあとに「吐き気」「めまい」「頭痛」などの

症状が出てきた場合はすぐに病院にかかることをお勧めします。

 

 

もし事故に遭遇してしまった場合、当院では、

交通事故後遺症対してPNF電気治療や鍼灸治療を行い

症状を軽減して、全身のバランスを整えて

事故によるつらい症状を改善させます。

 

少しでもお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

 

また交通事故におけるお悩みなどに対しても

お電話での相談を受付ております。

少しでもお悩みの方は一度当院へお問い合わせ下さい

06ー7891ー3719

 

 

ページのトップへ戻る