MENU
TEL LINE

ヘルニアってどんな病気? | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

ヘルニアってどんな病気?

2018.04.19 | Category: 腰の痛みについて,首、肩、腰,骨盤矯正

(ヘルニアのイメージ)

ヘルニアってどんな病気?

 

重いものを持ち上げた時や何かの拍子に突然

立っていられないほどの腰痛が、、、

急な腰痛のとき、まずは安静にして無理に動かないことが大切です。

 

ただし

足のほうに響くような痛みやしびれを感じる。

排尿・排便ができない。

こんなときは迷わずに病院で治療を受けてください。

椎間板ヘルニアの可能性があります。

 

椎間板ヘルニアとは?

背中の骨と骨の間でクッションの役割を果たしている軟骨(椎間板)が変形して

組織の一部が飛びだすことをいいます(ヘルニア=何かが飛びだすこと)。

このとき、飛びだした椎間板の一部が付近にある神経を圧迫してしまい

腰や足に激しい痛みやしびれなどの症状を起こします。

この症状を※坐骨神経痛といい

椎間板ヘルニアの代表的な症状となっています。

 

坐骨神経痛は病名ではなく、「症状」のことをいいます。

(坐骨神経痛という病気を治療するというのではなく

坐骨神経痛を起こしている病気は何かをつきとめ治療します)

 

ヘルニアは一度なってしまうと、治すのが難しく

神経症状に悩まされる方が多くおられます。

 

当院では椎間板ヘルニアに対して骨盤矯正、鍼灸治療を行っています。

 

鍼灸治療で負担がかかって緊張している筋肉組織に直接治療を行い

筋肉を和らげ負担のかかっている部分の緊張を取り除きます。

 

さらに長期にわたる筋肉の緊張で負担がかかり歪んでしまった骨盤を

正常な位置に骨盤矯正することで一カ所にかかっていた負担を

背中の骨全体で支えるようにして筋肉の緊張を分散させることができます。

 

この治療を行うことでヘルニアによる神経症状を抑える事ができます。

 

神経は自己修復力がありますが

6カ月以内に治療を始めないと神経組織自体の修復能力が無くなってしまいます。

なので早めの治療をお勧めいたします。

 

当院ではヘルニア以外の症状症状に対しての

骨盤矯正、鍼灸治療、マッサージ手技療法

固定(コルセット、さらし)などを行っています。

 

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

 

当院では少しでも悩みが解決するように

治療のご提案をさせていただきます

ページのトップへ戻る