MENU
TEL LINE

黄砂とアレルギー症状の関係性 | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > 黄砂とアレルギー症状の関係性

黄砂とアレルギー症状の関係性

2018.04.11 | Category: 豆知識

 

 

(くしゃみをしているイメージ)

黄砂とアレルギー症状の関係性

 

3月から5月にかけて飛来する黄砂によってもたらされる、
黄砂アレルギーって皆さんはご存知でしょうか?

花粉症かな?と思っていた症状の原因はもしかしたら
黄砂によるものかもしれません。

今回はアレルギーの原因となる黄砂や、
アレルギーの症状や対策について紹介したいと思います。

 

★黄砂とは?

 

中国大陸から飛んでくるといわれる一年で数百万トンにも
及ぶといわれる非常に目の細かい砂のことです。

黄砂は飛来する過程で、上空で大気汚染物質と反応し、
有害物質を含む物質になることが問題であるといわれています。

黄砂が飛ぶ時期
風向きなどの関係から、3月から5月の春先に飛散すると考えられます。

 

★黄砂が飛ぶ地域

 

中国大陸に地理的に近い日本海側や、西日本に多いといわれています。

 

★黄砂アレルギーの症状

 

● 目のかゆみ
● 咳
● 鼻水
● ぜんそく
● 息苦しさ

 

★黄砂アレルギーによって悪化する危険性のある疾患

 

①湿疹

黄砂に含まれる硫酸化合物や硝酸化合物といった成分が皮膚に付着することで、
湿疹、皮膚炎などを悪化させることがあります。

②ぜんそく

ぜんそくの発症にかかわることもあり、
もともとあったぜんそくを悪化させる場合があります。

③肺炎

粒子の細かい黄砂は肺の奥深くまで入り込むため、
肺炎を引き起こすことも考えられます。

 

★黄砂アレルギーに対する予防対策

 

● 黄砂の飛んでいる日は外出を避ける
● 外出する場合はメガネやマスクなどを使用する
● 黄砂の飛ぶ季節は特に体調管理に気を付ける

黄砂アレルギーは中国の大気汚染問題が深刻化してから、
話題になることが増えています。

発がんとの関連もいわれていることから、
飛散情報などに十分注意し、アレルギーを発症している方は
もちろんそうでない方も気を付けたいですね。

 

おススメのツボ→手三里、足三里

①手三里

 

②足三里

 

①手三里

 

腕の関節内側(曲げた時にシワになる部分)から指4本分手首側にあるツボです。

この後で紹介する足三里とセットで押すことで花粉症の症状を和らげることができます。

痛みが強いツボですのでゆっくりと長い時間をかけて押していきましょう。

 

②足三里

 

足三里には全身の疲労をとる働きがあります。

膝の外側で膝の皿から指4本下がった位置にあります。

中指や人さし指を使い外側から押すようなイメージで押していきましょう。

全身の治癒力をあげてくれる他、胃腸にも効果があります。

 

当院では季節の変わり目による黄砂やアレルギーの症状を抑えるために
鍼灸治療、マッサージ手技療法を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく少しでも

お悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

ページのトップへ戻る