TEL

膝のぐらつきについて その2|生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > スポーツ障害 > 膝のぐらつきについて その2|生野区整骨院より

膝のぐらつきについて その2|生野区整骨院より

2017.12.22 | Category: スポーツ障害

(膝が痛いのイメージ)

膝のぐらつきについて その2|生野区整骨院より

膝関節前十字靱帯損傷の症状

・スポーツ中に膝がぐらぐらする
・階段の下りで膝が外れる感じがする
・ジャンプの着地で膝が外れる感じがする
・膝に力が入らない
・膝が腫れている

 

『前十字靱帯』とは膝関節を安定させるために必要な

主要4つの靭帯のうち最も重要であるといわれている靭帯の名前です。
この靭帯はおもに膝の捻りと前後方向のぐらつきを抑えています。
この靭帯がなぜ切れてしまうかというと、ジャンプの着地などで

急に膝を激しく捻ってしまったり、過度に膝が伸ばされてしまったとき

靭帯の持つ強度を越えてしまうことにより切れてしまいます。

 


膝関節前十字靭帯損傷の治療

鍼灸には自身の治癒能力をあげる効果があります。

 

血流を良くし痛みの成分を洗い流してくれる作用もあります。

 

なので当院では鍼灸治療も併用しておこなっています。

はり

さらに併用してテーピングもおこなっています。

 

テーピングは痛みを和らげたり、筋肉の機能を手助けしたり、

関節の位置を正常に戻したりする効果があります。

 

そのあとに包帯を巻き膝を安定させ、

なるべく普段通りの日常を送れるための

サポートをします。

 

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

ページのトップへ戻る