TEL

入院先にお見舞金を持っていきます…[交通事故の相手に対して] | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 交通事故のまめ知識 > 入院先にお見舞金を持っていきます…[交通事故の相手に対して]

入院先にお見舞金を持っていきます…[交通事故の相手に対して]

2011.07.29 | Category: 交通事故のまめ知識

『交通事故を起こしてしまい、相手が入院している病院にお見舞いに行きますが、その際、お見舞金(現金)は持って行くべきでしょうか?また、持っていくとしたら、金額は、いくらくらいが妥当でしょうか?』


①被害者が入院している場合、謝罪やお見舞いを兼ねて訪問することは必須です。


②交通事故の場合、財産的損害と精神的損害が賠償の対象となります。どちらの損害に対しても原則として金銭で評価しての金銭賠償です。


③お見舞金(現金)については、社会通念上、妥当な金額を持参することが必要かと思います。


④保険に加入している場合は保険担当者に相談してみることをお勧めします。


⑤また、各保険会社においてお見舞金についての上限下限の金額設定が設けられている考えられます。


詳しくは下記をクリックしてください。

大阪市生野区鶴橋ハートフルくすのき鍼灸整骨院

ページのトップへ戻る