MENU
TEL LINE

手の指の痛みについて|生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 痛みについて > 手の指の痛みについて|生野区整骨院より

手の指の痛みについて|生野区整骨院より

2017.12.15 | Category: 痛みについて

(指が痛いイメージ)

手の指の痛みについて|生野区整骨院より

指の関節が痛い、指が腫れている、曲げ伸ばしができない、

それはもしかしたら指の靭帯の損傷が原因かもしれません。


1⃣原因

 

手指の関節の両側には、関節を横方向へ曲がらないようにしている

側副靭帯(そくふくじんたい)という組織があります。

 

側副靭帯は、指にボールがぶつかったり、物にぶつけたりなどによって

横方向への強い力が加わった時に損傷します。

 

また、強い力の場合、靭帯の付着部の骨がはがれてしまう、

剥離骨折」が起こることがあります。

 

指の第二関節と、親指の内側の付け根によく発生します。

 

*注意

専門的には、突き指という診断名はありません。

 

突き指には、靭帯損傷、骨折、脱臼、腱断裂などの病態があります。

 

突き指だと自己判断してしまう患者さんが多いので、注意が必要です。


2⃣治療法

 

治療方法としては、

炎症が起こっているので安静にする必要があります。

 

炎症が起こった場合には、

RICE法というものが行われます。

 

RICE法とは、処置の頭文字をとったものです。

 

・R(rest)…安静

・I(ice)…冷却(アイシング)

・C(compression)…圧迫

・E(elevation)…挙上

 

患部を動かさず安静にし、

アイシングで患部を冷やします。

 

テーピングやバンテージなどで圧迫し、

心臓よりも高い位置に挙上します。

 

ただ完全な安静は難しいので、

極力動かさないようにする程度です。

 

アイシングや圧迫でしっかり炎症を抑えることが重要です。

 

さらに鍼灸には炎症による損傷の治癒能力をあげる効果があります

 

血流を良くし痛みの成分を洗い流してくれる作用もあります。

 

なので当院では鍼灸治療も併用しておこなっています。

はり

さらに併用してテーピングもおこなっています。

 

テーピングは痛みを和らげたり、筋肉の機能を手助けしたり、

関節の位置を正常に戻したりする効果があります。

 

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

ページのトップへ戻る