MENU
TEL LINE

腰部脊柱管狭窄症とは|生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 腰の痛みについて > 腰部脊柱管狭窄症とは|生野区整骨院より

腰部脊柱管狭窄症とは|生野区整骨院より

2017.12.06 | Category: 腰の痛みについて

 

(背骨のイメージ)

腰部脊柱管狭窄症とは|生野区整骨院より

腰部脊柱管狭窄症の症状

腰や下半身の痛みやしびれ
・お尻や足が痛いorしびれる
・足の先が冷たい
・足の裏がほてる
・足の裏に1枚皮がかぶさってるように鈍く感じる
・少し歩くと痛みが強くなって、腰を丸めて休憩するとまた歩き出せる(間欠性趾行)

腰痛は比較的軽いことが多い


腰部脊柱管狭窄症の原因

腰部脊柱管狭窄症は、加齢など様々な原因で骨・関節・椎間板・靭帯などが

肥厚し、脊柱管(せきちゅうかん)と呼ばれる神経を通している管が

狭くなることにより神経を圧迫し、血行を阻害することにより症状が出る病気です。

 

腰椎椎間板ヘルニアと同様に坐骨神経痛を引き起こす病気の一つでもあります。

 

主に椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛は前かがみになると坐骨神経が引っ張られ、

症状が悪化する傾向があります。

 

これに対して脊柱管狭窄症では、後ろに腰を反るとで症状が悪化します。

 

坐骨神経痛とは

背骨から出た坐骨神経は、お尻を貫いて太ももの後ろを下がり、

ふくらはぎを通って足に広がります。

 

この神経のどこかで通り道が痛むことをを坐骨神経痛と言います。

 

 坐骨神経痛を病名だと思っている方がいますが、

これは「頭痛」等と同じように単なる症状名です。

 

原因としては腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、

腰椎分離すべり症、仙腸関節炎、梨状筋症候群、股関節疾患などさまざまです。

 


腰部脊柱管狭窄症の治療

当院では鍼灸治療をおこなっています。

鍼による筋肉への直接アプローチしたり

はり

灸による温熱療法もおこなっています。

DSCN8068

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

ページのトップへ戻る