MENU
TEL LINE

肩の痛みの種類 腱板損傷について | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 肩周辺の痛みに対して > 肩の痛みの種類 腱板損傷について

肩の痛みの種類 腱板損傷について

2011.11.17 | Category: 肩周辺の痛みに対して

肩の痛みの種類 腱板損傷について

 

腱板とはインナーマッスルとかロテーターカフといわれます。

働きとしては肩関節の動きの安定に関わります。

腱板損傷には退行性変性と外傷との2つ種類の原因があります。

退行性変性とは老化のことを意味します。

これは40肩や50肩とか言われる疾患の1つです。

 

肩甲骨の真中あたりを押すとかなり痛みを伴います。

自分自身では判断しにくいので、必ず専門家に診てもらいましょう。

 交通事故治療認定院

大阪市生野区鶴橋2-18-10

ハートフルくすのき鍼灸整骨院

ページのトップへ戻る