MENU
TEL LINE

40代、50代、60代 骨粗鬆症 | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > 40代、50代、60代 骨粗鬆症

40代、50代、60代 骨粗鬆症

2012.01.10 | Category: 豆知識

皆さんは骨粗鬆症について知っていますか?

骨粗鬆症は骨の量が減ってスカスカになった結果、

骨がもろくなってしまう病気です。

骨量(こつりょう)は健康な人でも加齢とともに減少しますが、

同年齢の人より骨量が減り、骨の密度が著しく減少した状態を骨粗鬆症といいます。

若い人の平均骨量の80%未満を「骨量減少」、

70%未満を「骨粗鬆症」の傾向だそうです。

発症率は40歳代で約1割、50歳代で約2割で、60歳代になると

3人に1人が骨粗鬆症にかかっているといわれます。


ページのトップへ戻る