TEL

【加害者の場合】交通事故で任意保険に入っていません | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 交通事故のまめ知識 > 【加害者の場合】交通事故で任意保険に入っていません

【加害者の場合】交通事故で任意保険に入っていません

2011.07.21 | Category: 交通事故のまめ知識

『交通事故で加害者になっていしまいましたが、任意保険に未加入でした。相手が怪我をしてしまい、治療費・慰謝料・休業手当を請求されています。どう対処して良いかわかりません教えていただけますか?』


①警察に連絡をし人身事故としての届け出をします。


②相手が、けがをしていますので、治療費などの問題があります。

けがを負った相手に謝罪やお見舞いをかねて訪問するなどして、今後の対応についてしっかりとした回答をしなければなりません。


③任意保険に未加入であれば、治療費負担を軽減する為にも健康保険を使用してもらうようお願いしましょう。

その内の実費分については、加害者が支払いする事になります。


④ここで問題になるのは、被害者が加害者に対して何を請求できるのかです。

よって、加害者側は明確に請求範囲、請求項目を把握しておきましょう。


⑤請求範囲は、事故の結果生じた損害であり、金銭にて評価し賠償することになります。


⑥請求項目は、治療に関する費用、休業損害、慰謝料になります。

その内、治療に関する費用は、治療費、看護料、通院交通費、諸雑費、文書料、その他費用となります。


⑦被害者の治療が完治した後で、診断書及び診療明細書にもとづき自賠責保険に請求します。


⑧自賠責保険の傷害による損害は、上記の請求項目を全て含み120万円が限度となります。

加害者請求と被害者請求の二通りがあります。詳しくはご相談ください。


詳しくは下記をクリックしてください。

大阪市生野区鶴橋ハートフルくすのき鍼灸整骨院

ページのトップへ戻る