MENU
TEL LINE

相手にケガをさせてしまった・・・交通事故による | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 交通事故のまめ知識 > 相手にケガをさせてしまった・・・交通事故による

相手にケガをさせてしまった・・・交通事故による

2012.01.08 | Category: 交通事故のまめ知識

『はじめて交通事故を起こし、相手にケガをさせてしまった。事故現場では、何をしたら良いのでしょうか?』


①110番又は119番通報し、警察・救急車を頼みましょう。


②事故が発生した場合、事故の当事者として、けが人がいる場合に救護措置を取らなければなりません。また、後続の事故を防ぐ措置、そして事故発生を警察官に通報する義務があります。


③具体的には、冷静に対処する事が大切です。まず、けが人の救護ですが、慌てて周囲の交通状況も確認しないで相手方の車に近づくと、他車に轢かれる危険性が あります。また、事故車両を放置すると他車に衝突されます。けがをした相手方に運転に支障があるかの確認と自主走行が無理な場合、発炎筒や信号板を活用し て周囲に危険を知らせます。一刻の猶予も無い場合は、周囲に医療機関に搬送してもらう事や警察・救急車への連絡など必要な協力援助を頼むことです。


④また、それと同時に、相手方の住所氏名、連絡先などメモする。また、誠意をもって対処することが大切です。


⑤けが人の搬送や警察の検分が終了した後、速やかに保険会社に事故報告しなければなりません


詳しくは下記をクリックしてください。

大阪市生野区鶴橋ハートフルくすのき鍼灸整骨院

ページのトップへ戻る