MENU
TEL LINE

女性の体の悩み「冬太り」について|生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > 女性の体の悩み「冬太り」について|生野区整骨院より

女性の体の悩み「冬太り」について|生野区整骨院より

2017.11.15 | Category: 豆知識

hada

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(体の悩みについて考えているイメージ)

女性の体の悩み「冬太り」について|生野区整骨院より

 

日に日に寒くなり、冬本番へと向かう時期。
働く女性を困らせる冬特有の体の悩みにはいろいろあるけれど、

なかでも今回は「冬太り」を特に取り上げて、

そのメカニズムと対策について紹介したいと思います。

 

 

実は冬の方が痩せやすい?

 

体内に摂取されたエネルギーが

体の代謝によって消費するエネルギーを上回った場合、

余分なエネルギーは中性脂肪として脂肪細胞や肝臓に蓄えられます。

この量が多いと肥満になりやすくなります。

 

夏と冬では夏の方が汗をかくし、

基礎代謝(じっとしていても消費されるエネルギー)

は高いと思われがちです。

 

でも冬は気温が低く、体温も下がることから

体は自ら体温を上げようとエネルギーを使用するため、

実は夏よりも冬の方が基礎代謝は高いので

少し動くだけで冬の方が痩せます。

 

 

ではなぜ太る?

 

①寒さによる冷えや運動不足による血行不良
 

血液は栄養素の運搬します。

だから血行不良になると酸素や栄養素を

うまく運搬できずに内臓機能や基礎代謝の低下につながります。

 

また栄養素が効率よく運搬されないと、

代謝が悪く不燃焼型の身体になり、

余分な栄養素を蓄積しやすくなります。

 

エネルギー摂取過多の食事は体温も下げて悪循環
 

クリスマス、忘新年会と外食の多い時期は

つい飲み過ぎ・食べ過ぎになりがちです。

余分なエネルギーが脂肪になるばかりか、

食べ過ぎると内臓に血液が集中するため体温が下がり、

基礎代謝まで下げてしまいます。

結果として余計に脂肪が増えるという悪いループに陥る。

 

 

冬太り予防の方法

 

●太りにくい食べる物の順番

急に血糖値を上げるのは中性脂肪を作るもとなので、
血糖値が急に上昇しない食べる順番は
❶温かいもの(汁物)→❷野菜→❸お肉やお魚→❹炭水化物

 

●最初に温かいものを飲む(体を温める)
 

「まずはビール!」もいいですが、

温かいスープ類や飲み物を飲んで最初に内臓を温めましょう。

食事中も一緒に摂ることで、食事誘導性熱代謝が高まる。

体温が1度高くなると、代謝は約12%も高くなるそうです。

 

DSCN8068

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院の箱灸治療では身体を温めて代謝を上げたり

自律神経を整えて太りにくい体作りを

目標に治療することができます。

 

 

 

当院では体調を整えるための

骨盤矯正、鍼灸治療、マッサージ手技療法

を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

 

当院では少しでも悩みが解決するように

治療のご提案をさせていただきます。

ページのトップへ戻る