MENU
TEL LINE

足底筋膜(足底腱膜)炎とは|生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 足の痛みについて > 足底筋膜(足底腱膜)炎とは|生野区整骨院より

足底筋膜(足底腱膜)炎とは|生野区整骨院より

2017.09.19 | Category: 足の痛みについて

 

足つぼ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(足の裏のイメージ)

 

 

 

 

足底筋膜(足底腱膜)炎とは|生野区整骨院より

 

この足底筋膜というのは、足の指から
土踏まずを通ってかかとに集まっているものです。

 

その足底筋膜が伸び縮みして
足が地面についた時に受ける衝撃を
和らげて吸収してくれているのです。

 

この足底筋膜がクッションという
物凄く大事な役目をしてくれているのです。

 

この足底筋膜は伸び縮みするのですが
これが硬くなってしまってしまうと

衝撃を受けた時に足底筋膜が

引っ張られてしまい痛みを感じてしまいます。

 

かかとが特に痛くなってしまうのは
それぞれの足底筋膜が集まって
くっついている場所だからです。

 

無理に引っ張られることによって
分裂してしまい肉離れをしてしまうような感じです。

 

 

・足底筋膜炎の症状

 

:歩くとかかとが痛い。

:歩くと土踏まずが痛い。
:足の裏が痛い。
:布団から出る一歩目でかかとが痛い。
:急に歩いた時かかとが痛い。

 

この5つの症状が足底筋膜炎に

なっていて多い症状です。

 

どれもただ歩いているだけの時に
起こってしまう痛みで特に
朝寝起きで歩く瞬間、歩き出す一歩目に

かかとに激痛が走るのが大きな特徴です。

 

・足底筋膜炎の原因

 

:疲労が溜まっている
:足の筋肉が弱っている
:足の裏に強い衝撃を与えた

 

歩き方が悪いと足の指が浮いてしまったり
曲がったりしてしまう浮き足にもなって
しまうので気をつけなくてはいけません。

 

・足底筋膜炎の治療

 

足底筋膜炎を治していくには、その原因となっている

:足の疲労
:筋肉の硬直

 

を治していく事です。

 

そこでまず大事になってくるのが

:足の疲労をとること
:血行を良くすること
:筋肉を柔らかくすること

 

当院では鍼灸治療を行っています。

 

筋肉を緩めるのはマッサージでもできますが、

鍼だと筋肉に直接アプローチすることができます。

 

さらに血流がよくなり

痛みを感じる成分を洗い流してくれます。

 

そのほかにも一人ではなかなか続けるのが難しいストレッチ

テーピングなども行います。

 

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

当院のスタッフが親切丁寧にお答え致します。

ページのトップへ戻る