MENU
TEL LINE

膝半月板損傷とは|生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 膝の痛みについて > 膝半月板損傷とは|生野区整骨院より

膝半月板損傷とは|生野区整骨院より

2017.08.25 | Category: 膝の痛みについて

こむら返り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(膝が痛いイメージ)

 

膝半月板損傷とは|生野区整骨院より

 

『半月板』とは膝関節を動かすための重要な役割を担っています。

主な役割は、、、

①体重の荷重を分散させ、関節の衝撃を吸収するクッション作用

②関節の適合性を良好にする

③曲げ伸ばしの可動性を適切に保つ

 

 

・症状

・歩くときやジョギングの時に痛む
・膝の曲げ伸ばしの時に引っかかり感や痛みが出る
・立ち上がる時に痛む
・階段の昇り降りの時に痛む

 

・原因

 

半月板損傷をおこす原因として、

スポーツなどのケガ(外傷性)から生じる場合と、

加齢により傷つきやすくなっている半月板に

繰り返し外力が加わって損傷する場合(変性断裂)とがあります。

 

外傷性では、膝に強い衝撃が加わったときや、

膝をねじったときに半月板損傷が起こりやすく、

前十字靭帯などの関節を支えている靭帯損傷に合併することも多くあります。

 

また、半月板は成分の70%が水分で

残りはコラーゲンなどで構成されています。

 

加齢とともに半月板の水分量は減少し、

役割であるクッション性が低下していきます。

 

40歳以上では、ちょっとした外傷でも半月板損傷がおこりやすくなります。

 

 

・治療

 

当院では膝半月板損傷には鍼灸治療もおこなっています。

 

鍼灸治療により極度に緊張した筋肉をほぐしてあげ、

膝への負担を軽減させます。

 

さらに血流の促進により

痛みの成分を洗い流すこともできます。

 

はり

 

 

 

さらにお灸による温熱療法もおこなっています。

DSCN8068

 

さらに併用してキネシオテーピングによる

固定、パフォーマンスの向上もおこなっています。

 

またRICE法というものも行います。

 

・R(rest)…安静

・I(ice)…冷却(アイシング)

・C(compression)…圧迫

・E(elevation)…挙上

 

 

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

 

ページのトップへ戻る