MENU
TEL LINE

高齢者の不眠対策とは|生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > 高齢者の不眠対策とは|生野区整骨院より

高齢者の不眠対策とは|生野区整骨院より

2017.08.23 | Category: 豆知識

nidone_man

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(睡眠に悩んでいるイメージ)

高齢者の不眠対策とは|生野区整骨院より

 

若いころは朝寝坊するくらいぐっすり眠れていたのに、

最近はめっきり眠りが浅くなった。

年齢とともに不眠の悩みを抱える方が増えてきます。

高齢の方は朝早く目覚める「早期覚醒」

夜中に何度も起きてしまう「中途覚醒」を訴える方が多く、

これらは体内時計のリズムの乱れに

よって引き起こされていると言われています。
今日はその睡眠に対しての原因や対策を紹介したいと思います。

 

高齢者の不眠の原因

 

①睡眠の必要量が減少する

 

高齢になると仕事や育児の負荷が減り、

若いころに比べて昼間体を動かす量が減ってしまいがちです。

そうすると消費するエネルギー量が少なくなるため、

睡眠時間が短くなります。
 

 

②一日の最高体温が低下する

 

人間の体温は一日の中で変化しているのはご存知でしょうか。

体温が最も低いのは起きる前で、

逆に体温が最も高くなるのは寝る前です。

朝目覚めてから体温が徐々に上昇し、

夜眠る前にピークに達し、徐々に下がっていきます。

この体温が下がっていくタイミングで人は眠気を感じます。
 

 

年齢とともに一日の最高体温が低くなっていきます。

体温を下げるのに要する時間も短くなるため、

年をとると睡眠時間も少なくなる傾向があるのです。

 

③メラトニン(睡眠ホルモン)の減少

 

人の体は夜睡眠を促す「メラトニン」というホルモンの働きで

眠気を感じるようになっています。

年齢を重ねるとこのメラトニンの分泌量が減ってきます。

このことにより

「なかなか寝付けない」、「寝てもすぐ目が覚めてしまう」

といった“眠りづらさ”につながっています。
 

 

★高齢者の不眠症対策

 

→寝つきが悪い場合

 

以前より早い時刻に床に就くようになっていませんか?

食事や入浴などが以前に比べて早い時間になっていませんか?

生活リズムが全体的に前倒しになっていると、

本来眠くない時間に、

床に就いてしまうため眠れないという事態も起こります。

 

またいつも眠りが浅くて熟睡感がないからと、

早めに寝て睡眠を確保しようとする方もいますが、

これはかえって逆効果です。

寝つきの悪さを自覚する人は、

まずは「眠くなってから布団に入る」ことを心がけてみて下さい。

 

 

→眠りが浅くて夜中に目が覚めてしまう

 

健康な60代の人の睡眠は、

個人差があるものの平均6時間くらい。

これ以上寝ようとしても、

結果眠りの浅い質の悪い睡眠になるか、

目が覚めてしまうかのどちらかになりがちです。
 

若い時に比べると、

必要睡眠時間が減ってくる年代ですので、

布団の中で過ごす時間は6~7時間

十分だと理解しておきましょう。
 

 

→朝早く目が覚めて困ってしまう

 

 

特に男性に多いのがこの「朝早くに目が覚めてしまい困る」という悩み。

早寝早起きが極端になってしまい、

どんどん生活リズムが前倒しになっていることが要因です。
 

夜の時間帯に楽しめることを見つけてみましょう。

夜の時間帯を楽しみつつ、

朝は7時や8時など一定の時間に起きることを

続けると睡眠リズムが整いやすくなります。

 

 

DSCN8068

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自律神経を整えることで眠りにつきやすい体を

作る必要があります。

そのために当院では箱灸治療を行い、

眠りのつきやすい体を目標に治療することができます。

 

 

 

当院では不眠に対してのお悩みや

相談など様々なことについて相談を行っています。

少しでもお悩みの方はお気軽にご相談ください。

ページのトップへ戻る