MENU
TEL LINE

シンスプリントとは?|生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 足の痛みについて > シンスプリントとは?|生野区整骨院より

シンスプリントとは?|生野区整骨院より

2017.08.05 | Category: 足の痛みについて

475858

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(足が痛いイメージ)

 

 

シンスプリントとは?|生野区整骨院より

 

シンスプリントとは陸上競技をしている人に多くみられる疾患です。

膝~足首の内側に痛みがみられます。

 

主な症状は「スネの内側の痛み」

ほかの症状

 ふくらはぎが痛い

 スネの内側の骨を押すと激痛がする

 走ったり、ジャンプをすると痛い

 ズーンと、鈍い響くような痛みがある

 骨がきしむような感じがする

 

さらにひどくなると歩いたり、

立ったりするだけで痛みがでるようになります。

 

シンスプリントは我慢して練習していると「疲労骨折」を起こします。

 

シンスプリントの症状が軽いうちは、練習をしているうちに

だんだんと痛みがなくなってくることがよくあります。

 

そのため、シンスプリントの状態でも練習が出来てしまうのです。

 

そのためか、痛みを我慢しながら練習を続けると

自然と治ると思ってしまうケースがあります。

 

ですが、そのまま痛みを我慢しながら練習を行なうと

「疲労骨折」を起こし、半年以上走ることが出来なくなります。

 

・原因

筋肉が硬くなり骨を引っ張っているため

 シンスプリントは「すねの骨の内側または外側」が痛む症状ですが、

すねの骨の周りには「ヒラメ筋」「腓腹筋」「前脛骨筋」など

さまざまな筋肉が付着(筋肉が骨に付いている)しています。

 

この筋肉の緊張が強く起こり、引っ張り続ける状態が続くと、

引っ張られている骨が耐えきれずに炎症が起き、痛みが起きます。

 

・治療

簡単に言ってしまうと硬くなった筋肉を柔らかくすることが必要です。

 

当院では鍼灸治療もおこなっています。

 

鍼により固く緊張した筋肉を直接ほぐしてあげたり、

 

血流がよくなり痛みを洗い流す効果があります。

はり

 

 

 

さらに灸による温熱療法もおこなっています。

DSCN8068

 

さらに併用してテーピングによる

固定、パフォーマンスの向上もおこなっています。

 

 

 

 

 

 

 

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

ページのトップへ戻る