MENU
TEL LINE

熱中症対策について|生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 眼精疲労,睡眠,肩こり,豆知識 > 熱中症対策について|生野区整骨院より

熱中症対策について|生野区整骨院より

2017.08.03 | Category: 眼精疲労,睡眠,肩こり,豆知識

夏バテ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(熱中症のイメージ)

熱中症対策について|生野区整骨院より

 

熱中症を予防するためには、暑さに負けない体作りが大切です。

気温が上がり始める初夏から、日常的に適度な運動をおこない、

適切な食事、十分な睡眠をとるようにしましょう。

 

今年の夏を快適に、かつ熱中症ならないように

日頃からしてほしいポイントを紹介したいと思います。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

1⃣「水分を」こまめにとろう

のどがかわいていなくても、こまめに水分をとりましょう。

スポーツドリンクなどの塩分や糖分を含む飲料は

水分の吸収がスムーズにでき

汗で失われた塩分の補給にもつながります。

 

2⃣「塩分を」ほどよく摂ろう

過度に塩分をとる必要はありませんが、

毎日の食事を通してほどよく塩分をとりましょう。

大量の汗をかくときは、特に塩分補給をしましょう。

ただし、かかりつけ医から水分や塩分の制限をされている場合は、

よく相談の上、その指示に従いましょう。

 

3⃣「睡眠環境を」快適に保とう

通気性や吸水性の良い寝具をつかったり、

エアコンや扇風機を適度に使って睡眠環境を整え

寝ている間の熱中症を防ぐと同時に、

日々ぐっすりと眠ることで翌日の熱中症を予防しましょう。

 

4⃣「丈夫な体を」つくろう

バランスのよい食事やしっかりとした睡眠をとり、

丈夫な体をつくりましょう。

体調管理をすることで、

熱中症にかかりにくい体づくりをすることが大切です。

 

ほかにも衣服を工夫したり、

暑さ対策グッズなどがを購入したり

するのも、熱中症対策の一つだと思います。

 

当院では体調を整えるための鍼灸治療や、

マッサージ手技療法を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

 

当院では少しでも悩みが解決するように

治療のご提案をさせていただきます。

 

ページのトップへ戻る