MENU
TEL LINE

食欲不振の原因|生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 食欲不振 > 食欲不振の原因|生野区整骨院より

食欲不振の原因|生野区整骨院より

2017.05.24 | Category: 食欲不振

 

「食欲不振 イラスト」の画像検索結果

(食欲がないイメージ)

 

 

食欲不振の原因|生野区整骨院より

 

 

1.ストレスが原因となる場合

私たちの食欲は

脳の視床下部にある食欲中枢によって

コントロールされています。

視床下部では視覚や味覚、嗅覚などの情報が伝えられ、

他の器官の情報と統合されて空腹感や満腹感として

認識されるようになっています。

 

このように視床下部は食欲の調整において

重要な役割をすると同時に、

情緒の発現やコントロールにも関与しています。

 

そのため、精神的なストレスや情緒障害においても、

色々なレベルの食欲不振や

食行動の異常がみられるようになります。

 

 

2.不規則な生活習慣による場合

 

運動不足

私たちの体は運動をすることによって

エネルギーを消費しています。

運動量が不足することで活動量が低下すれば

食事による栄養補給が必要なくなり、

本能的に食欲不振になってしまいます。

 

睡眠不足

睡眠不足などの不規則な生活を続けていると、

体の色々な機能を調節する自律神経のバランスが乱れ

胃腸などの消化器の不調をもたらし、

食欲不振へと繋がります。

 

3.何らかの病気が原因となる場合

食欲がない日が数日続く場合、

何らかの病気である可能性が高くなります。

 

しかし、原因となる病気は多くあり、

食欲がないという症状だけでは特定が困難です。

ここでは、

食欲不振と共に表れる症状ごとに、

考えられる病気を紹介します。

 

・みぞおちの辺りが痛い:

       胃炎、胃潰瘍、胃がん、心筋梗塞、膵炎、膵臓がん

・タール便と呼ばれる黒い便が出る:

       食道や胃・腸などの消化管が出血している

・むくみがある:

       心不全、尿毒症

・頭痛がある:

       脳腫瘍

・熱があり、低血圧である:

       敗血症、急性副腎不全

・体重が減っている:

       ホルモンを調節する副腎や甲状腺機能に異常がある、

       結核や肺炎などの感染症

 

以上に挙げた通り、考えられる病気は様々です。

長引く食欲不振で医療機関を受診する場合は、

その他の症状もしっかりと伝えるようにしましょう。

 

当院では食欲不振に鍼灸治療を勧めております。

また、さまざまな疾患の場合もあります。

我々専門家にご相談ください。

最適な処置をご提案させて頂きます。

ページのトップへ戻る