MENU
TEL LINE

夜尿症と鍼灸治療|生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 夜尿症 > 夜尿症と鍼灸治療|生野区整骨院より

夜尿症と鍼灸治療|生野区整骨院より

2017.05.16 | Category: 夜尿症

「夜尿症 イラスト」の画像検索結果

(おねしょのイメージ)

 

 

夜尿症(おねしょ)と鍼灸治療|生野区整骨院より

 

 

【夜尿症に期待できる鍼灸治療の効果】

鍼灸治療では

背中にあるツボと腹部にあるツボを中心に治療していきます。

下半身の冷えを和らげる効果があり

泌尿器系の機能を整える効果が期待できます

体内の水分を調節し、尿量を適切に改善できます。

一緒に刺激することで、性器の状態を整える効果も期待できます。

 

ツボ療法は指圧マッサージでも効果がありますが、

小児針やお灸がより効果的です

ただし、子供には温きゅうなど熱くないものを選ぶといいでしょう。

 

 

【夜尿症の症状】

夜尿は睡眠中に本人の意識がなく

排尿をしてしまうことをいいます。

だいたい2~3歳の子供の約半数が夜尿をするといわれ、

4~5歳では4人にひとりという割合になります。

 

このデータからも分かるように、

おねしょをしてしまう子供は多く、

小学校に上がるぐらいまでは夜尿があっても心配はいりません。

しかし、学齢期になってもおねしょが継続する場合は、

なんらかの治療が必要になると考えられ「夜尿症」といわれます。

 

 

【夜尿症の原因】

夜尿症には病的な原因とそのほかの原因に分かれます。

病的な夜尿症はてんかん発達障害膀胱炎腎炎

糖尿病尿崩症などの病気が原因となっていることがあります。

 

そのほかの原因には

1,自律神経と尿を抑えるホルモンのバランスが乱れ

 

2,睡眠や排尿のリズムの乱れ

 

3,精神的な要素

が考えられます。

 

また、寝る前に水分を取っていたり

おしりやおなかが冷えていたりすることによって

夜尿が引き起こされることもあります。

 

 

夜尿症には鍼灸治療が効果的です。

我々専門家にご相談ください。

最適な処置をご提案させて頂きます。

ページのトップへ戻る