TEL

花粉症と黄砂の違いとは?|生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > 花粉症と黄砂の違いとは?|生野区整骨院より

花粉症と黄砂の違いとは?|生野区整骨院より

2017.04.26 | Category: 豆知識

masuku

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(花粉症や黄砂に悩んでいるイメージ)

花粉症と黄砂の違いとは?|生野区整骨院より

 

最近、アレルギーって増えてますよね。

今や、日本人の25%が花粉症だと言われています。

そして、黄砂やPM2.5も数年前から騒がれていますよね。

今回は、花粉症と黄砂アレルギーについて紹介したいと思います。

 

 

★花粉症と黄砂アレルギーの違いとは?

花粉症

 

スギやヒノキ、草などの花粉によって起こるアレルギーです。

アレルギーの原因になっている花粉が飛ぶ時期に、

くしゃみや鼻づまり、目がかゆくなる、喉のかゆみ

などの症状が出てきます。

飛散時期は、地方や気候によって若干の変動はありますが、

代表的なスギ・ヒノキ花粉なら、2~5月頃。

イネ科の植物は6~10月頃、

ブタクサなどの草類は、9~10月頃が多いようです。

 

 

 

 

◇黄砂アレルギー

黄砂は、中国や東アジア内陸の砂漠や乾燥地帯の砂が、

上昇気流に乗って巻き上げられ、

風に乗って各地に降り注ぐものです。

黄砂がひどい時期だと、外に出るともやっとしており、

遠くが黄色く、もやがかかったようになって、

視界が悪い場合もあります。

 

黄砂は、9割が2~5月に飛来しており、

特に3~4月がピークです。

ちょうど、日本でスギ・ヒノキの花粉のピークと同時期で、

花粉症やアレルギーの症状をさらに悪化させます。

 

しかし、黄砂はアレルギーの

原因物質であるという研究結果は出ていません。

 

黄砂は、主に二酸化ケイ素という物質でできており、

この物質はアレルギーの直接的な原因ではなく、

アレルギーを悪化させる原因となるのです。

 

黄砂アレルギーは、

黄砂によってアレルギーが悪化した状態のことなんです。

 

★花粉症と黄砂アレルギー、症状と対策は?

症状

どちらとも、くしゃみや鼻づまり・

鼻水、目や喉・皮膚のかゆみの症状がでます。

 

鼻づまりなどが慢性化することで、

副鼻腔炎や頭痛の症状。

喉のかゆみから

咳が止まらなくなったり、

気管支炎や喘息が悪化することもあります。

 

★対策

 

1、花粉・黄砂が飛んでいる時期は、外出を控える。

まずは、単純に外出を控えましょう。

特に花粉や黄砂がたくさん飛んでいる日や時間帯は、

注意してください。

 

まずは花粉

花粉の飛散が多い時間帯は、

11~15時と言われていますが、

朝方も飛散量は多め。

 

夕方は安心かと思いきや、

昼間に飛んでいた花粉が地表に落ち、

それが車などで巻き上げられます。

安心なのは、夜中だけみたいです。

 

黄砂は、

時間帯によっての飛散量の差はないと言われています。

ただ、どの時間帯でも飛んでいると言う事でもあるので、

天気予報などで黄砂が多い少ないの情報を確認してください。

 

2、家に入れない

家の中に花粉や黄砂を入れないようにする事も重要です。

 

・外出から帰ったら、服を叩いてから入る。

・花粉や黄砂が付きにくい服装で外出する。

 

なども試してみてください。

 

3、外出時は、マスクやメガネをする

黄砂は、花粉よりも小さいため、

花粉症用のマスクでは防ぐことができません。

黄砂よりさらに粒子の小さい、

PM2.5用のマスクを使えば、

黄砂も花粉も両方防げますよね。

 

また、目を保護するためにメガネもかけましょう。

 

他にも、朝、黄砂や花粉が落ちている時に掃除するとか、

空気清浄機を買うなども効果的です。

 

当院では花粉症やアレルギーに対しての治療や、

鍼灸治療など行っています!!!

少しでもお悩みの方は

お気軽にご相談ください!!!

ページのトップへ戻る