MENU
TEL LINE

ノイローゼ(神経症)について|生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > ノイローゼ(神経症)について|生野区整骨院より

ノイローゼ(神経症)について|生野区整骨院より

2017.04.20 | Category: 豆知識

たいちょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノイローゼ(神経症)について|生野区整骨院より

 

原因がわからない身体の不調は

心の状態に原因があることも、、、

 

「ノイローゼ」という言葉がありますが、

これは一般的に精神のバランスを失っている状態の人に使います。

 

しかし、実は医師がこの言葉を使用することはほとんどありません。

もともとノイローゼとはドイツ語で、

一般にはこれを訳した「神経症」という言葉を用います。

 

このノイローゼ、つまり「神経症」は

いわゆるストレスなどの心理的負荷や心の奥にある

不安によってもたらされる心の病気です。

例えば、高所恐怖症の“高い場所が怖い”

という不安感も神経症の1つです。

 

神経症は心の病の中でも最も頻度の高いもので、

一般的に人口の10%を超えるとも言われており、

10代後半から40代までに発症するのが一般的です。

 

神経症はよくノイローゼと言われ、

しばしば精神病と混同されましたが、

神経症は主に心理的原因によって生じる心身の機能障害の総称であって、

精神病とは異なります。

 

内向的小心過敏完全主義的傾向など神経質な性格の場合、

神経症になりやすいと言われています。

 

一般的に神経症の人は、内向的性格が強いと言えますが、

内向的な人がすべて神経症になるわけではありません。

 

その内向性に加えて、向上発展欲が強く、

自己内省が強い人が神経症になりやすいのです。

 

神経症には、「食欲不振」「不眠」「胸が苦しい」「頭が痛い」

などの「身体症状」

 

「イライラ」「不安感」「恐怖感」を覚える

「精神症状」があります。

この身体症状が悪化して、本物の「身体の病」になってしまうのが、

いわゆる「心身症」です。

 

心身症には狭心症、喘息、脱毛症、下痢や便秘などをはじめ、

数百から数千もの症状があると言われています。

 

 

当院では様々な症状に対しての治療や

体調、自律神経を整えるための鍼灸治療を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

 

少しでも悩みが解決するように

治療のご提案をさせていただきます。

 

ページのトップへ戻る