TEL

脱水症状とは?原因と対処法|生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > 脱水症状とは?原因と対処法|生野区整骨院より

脱水症状とは?原因と対処法|生野区整骨院より

2017.04.05 | Category: 豆知識

水分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(水分補強をしているイメージ)

脱水症状とは?原因と対処法|生野区整骨院より

 

 

私たちの体の大半は、体液という水分で成りたっています。

 

体液には血液、消化液、リンパ液、細胞と細胞の間を

満たす組織間液などがあります。

 

この体液は年齢によって違いがあり、

成人で体重の6割、高齢者で5割、新生児では7~8割です。

 

体液は体内に入ってきた水分量と、

体外へ出ていった水分量に変わりがないことで

バランスが保たれています。

 

このバランスが崩れて、

体液が不足した状態を脱水症状と言います。

今日はその脱水症状について紹介したいと思います。

 

★脱水症状はなぜ起こるのか?

 

人の体は毎日水分を失っています。

その量は成人で1日に1500~2500ml

何をしなくても排出されます。

 

その水分は、尿や便による排出が約1500ml、汗が約100ml、

意識しないうち失われる水分が約900mlになります。

 

水分の摂取不足や、夏の気温の上昇、

激しい運動で多量の汗を流すことで、

水分の補給や排泄のバランスが悪くなり、

補給が追い付かないと脱水症状がおこります。

 

脱水症状が体に及ぼす影響

 

体の水分が不足すると、頭痛以外にも、めまい、

吐き気、呼吸が乱れる、筋肉のけいれん、

などが現れることがあります。

 

これらの症状は、すでに脱水症が進んだ状態ですので、

すぐに水分補給が必要です。

 

脱水症状の初期症状では、のどの渇き、大量の汗、

疲労感などの変化があります。

 

水分補給はのどの渇きを感じる前から行うと、

脱水症状の予防になります。

 

脱水症状を予防するために

 

体に水分補給が必要な理由として、

脱水症状の予防、体温調整の役割、ミネラルの補給

の3つがあげられます。

 

のどの渇きを感じたときや寝ている間も水分は、

消失しているので朝起きた時に水分を取るなど、

早めに水分補給することが大切です。

 

また、冷たすぎる温度は、

飲みにくく感じて水分摂取が進まなくなり、

水温が高いと身体への吸収力が少なくなりますので、

適温で水分を補給しましょう。

 

 

当院では脱水症状についての体のお悩みや

相談など様々なことについて相談を行っています。

少しでもお悩みの方はお気軽にご相談ください。

ページのトップへ戻る