MENU
TEL LINE

ストレス性胃腸炎を解消する7つの方法|生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > ストレス性胃腸炎を解消する7つの方法|生野区整骨院より

ストレス性胃腸炎を解消する7つの方法|生野区整骨院より

2017.04.05 | Category: 豆知識

「ストレス性胃腸炎 イラスト」の画像検索結果

 

 

ストレス性胃腸炎を解消する7つの方法

 

 

体の不調を感じていますか?

体の不調がストレスと大きく関係していると言われています。

 

症状が悪化すると、治りにくいストレス性胃腸炎になります。

その名の通り、原因となるストレスを解消し、

慢性化する前に解消しましょう。

 

ストレス社会に生きる多くの人を悩ませる、

「ストレス性胃腸炎」の解消するための方法を7つご紹介します。

 

 

1,こまめに水分補給しよう

急性胃腸炎は、脱水症状を防ぐことが大切です。

出来たら自分の手の届くところに置いておき、

こまめに水分補給をするのが理想ですが、難しい場合は、

休憩タイムに飲むようにすると良いでしょう。

 

 

2,ストレスを溜めないようにする

現代はストレス社会なので、

日々様々なストレスを抱えている方もいらっしゃるかと思いますが、

ストレス性胃腸炎を患っている場合は、

過度のストレスを抱えており、

体が悲鳴をあげているという状態です。

 

体をいたわることを考え、自分のストレスとなっているものに、

勇気をもって立ち向かうことが大切です。

 

 

3,下痢止めや吐き止めは飲まないようにしましょう

ストレス性胃腸炎は、辛い下痢や吐き気を伴う場合もあります。

実は、そんな症状は、

有害なものを体外に排出しようとする身体が持つ防衛反応から出ています。

 

自己判断で下痢止めなどを服用すると、

反対に症状が長引かせることになってしまいます。

 

 

4,症状が良くなるまでは食事を控えましょう

下痢や嘔吐は1日~2日ほどで治まるのが一般的ですが、

症状が落ち着いたからといっていつも通りの食事を摂るのはやめましょう。

おかゆのような柔らかくて消化の良いものを少量ずつ、

1日5~6回に分けて食べるようにしましょう。

 

また、脂っぽい食べ物は下痢を引き起こす原因になるので、

気をつけましょう。

 

 

5,スポーツドリンクは控える

胃腸炎の場合、塩分濃度の低い水やお茶

通常のスポーツドリンクは腸からの吸収が悪いため、

少量ずつ飲んでも吸収されず胃腸に溜まっていきます。

その結果、

処理できないものに対する防御反応として嘔吐が誘発されます。

 

 

6,睡眠をとる

自分ではストレスを感じていないと思っていたり、

うまくストレスを解消していると思っている人でも、

ストレス性胃腸炎になると言われています。

 

ストレスは、睡眠も大きく関係しています。

普段より多めに睡眠をとるように意識するようにしましょう。

 

 

7,ツボ押しする

ストレス性胃腸炎の即効性のある治し方についてですが、

「ツボ押し」をすることで効果が出ます。

胃の機能を高めるツボを刺激することで、

ストレスによる胃の不調はもちろん、

食欲増進や消化吸収助けることができます。

 

中でも即効性のあるツボは”れい兌(れいだ)”というツボです。

このツボを押すことで、胃の興奮を鎮め、

胃炎の痛みや不快感に即効性があります。

 

ツボの位置は、

足の人差し指の中指側のツメの生え際で、

ここを左右の足で痛い方を押します。

指でつまむように力を入れたり、

抜いたりしながら3分から5分ほど押すと効果が出てきます。

 

 

 

ツボ押しには鍼灸治療も効果的です。

我々専門家にご相談ください。

最適な処置をご提案させて頂きます。

ページのトップへ戻る