MENU
TEL LINE

ドライマウス(口が乾く)について|生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > ドライマウス(口が乾く)について|生野区整骨院より

ドライマウス(口が乾く)について|生野区整骨院より

2017.03.29 | Category: 豆知識

seki

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドライマウス(口が乾く)について|生野区整骨院より

 

口の中がカラカラになる、ネバネバする。

こんなお悩みありませんか?

口の中の渇きはドライマウスと呼ばれ、

色々な病気の合併症などで起こる可能性があります。

 

今回はドライマウスを引き起こす病気について紹介します。

 

・糖尿病、腎臓病、尿崩症

これらの病気になると尿の回数が増えるので、

体の水分がうばわれてしまい脱水状態になります。

 

・シェーグレン症候群

免疫の異常によって起こる疾患です。

唾液腺全体に及ぶ病気で、

目や口、皮膚が渇く症状や、息切れ、関節痛がみられます。

40~60歳代の女性にかかることが多いと言われます。

 

・精神疾患

抑うつ、心身症は緊張状態による口の渇きをもたらします。

 

・脳血管障害

脳の血管に異常ができるくも膜下出血、脳出血、脳梗塞は

筋肉の麻痺がおこるので、唾液の分泌が少なくなります。

これらは命にかかわる病気で、

吐き気や激しい頭痛、意識を失うことがあります。

 

・更年期障害

閉経の前後10年間のことを更年期と呼び、

その間は女性のホルモンバランスが急激に変化します

その影響で唾液の分泌が減るほか、だるさ、肩こり、のぼせ、イライラ

といった症状が出ます。

 

 

以上の症状に該当する方はもしかしたら

病気の合併症の症状なのかもしれません。

少しでも気になることがあれば検査を受けてみるのも

一つの方法です。

 

また口が乾くときはなるべくカフェインを含む

コーヒーや紅茶などを避けましょう。

カフェインには尿を出す作用があり、

尿を出すことにより体の水分が失われ、

ドライマウスになりやすくなります。

 

口が乾くときはミネラルウォーターを飲んであげると

よいでしょう。

 

 

当院では様々な症状に対しての治療や

体調を整えるための鍼灸治療なども行っています

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

 

 

 

ページのトップへ戻る