MENU
TEL LINE

お風呂で得られる効果について|生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > お風呂で得られる効果について|生野区整骨院より

お風呂で得られる効果について|生野区整骨院より

2017.02.15 | Category: 豆知識

kodomo_illust-21

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お風呂で得られる効果について|生野区整骨院より

 

一日の疲れをとるのにお風呂の入浴が大事です

温かいお湯に入ると、誰でもリラックスした気分になれます。

これは、入浴することにより、身体に3つの物理作用が働くためで

効果的な入浴方法とは、この身体に作用する3つの物理作用を

上手に利用することにあります。

 

身体に作用する3つの物理作用について、簡単に紹介します。

 

 

 

1.温熱作用

 

高温浴(42~44℃)の場合
 交感神経の緊張を促し、活動的にします。

微温浴(35~38℃)の場合
 副交感神経が働いて精神的にも安らぎ、落ち着いた気分になれます。

 

2.水圧作用

 

水中では水圧で身体が小さくなります。

浴槽中で胴回りは3〜6cm、胸回りは1〜3cm小さくなります。

 

お腹に受ける圧力で、横隔膜(肺とお腹の境にある膜)が

上に押し上げられ、肺の容量が少なくなり空気の量が減少します。

 

これを補おうとして呼吸数が増え、

静脈の血液やリンパ液が一気に心臓に戻されてくるので、

心臓の働きが活発になり全身の血行が良くなります。

 

3.浮力作用

お湯に入ると身体は、浮力を受けて軽くなります。

 

水中では空気中に比べて約1/9程度の重さになります。

 

水やお湯の中では、身体を支えるため緊張していた筋肉がほぐれ

また、水の抵抗も加わるので筋肉の増強に向いています。

 

この原理が、いろいろな病気や障害の治療に応用されています。

身体が軽くなるので、だるさを感じなくなり心身共にリラックスできます。

 

 

以上の入浴方法を試しても疲れが取れない方は

一度鍼灸治療を試してみてはいかがでしょうか???

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

当院では様々な症状に対しての治療や

自律神経を整えるための鍼灸治療など行っています

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

ページのトップへ戻る