MENU
TEL LINE

冬の体調不良を防ぐ予防法とは?|生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > 冬の体調不良を防ぐ予防法とは?|生野区整骨院より

冬の体調不良を防ぐ予防法とは?|生野区整骨院より

2017.02.09 | Category: 豆知識

masuku

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(風邪を予防しているイメージ)

冬の体調不良を防ぐ予防法とは?|生野区整骨院より

寒くなってくると増えるのが、冬の体調不良ですね。
ぐっと冷え込む冬は、体調を崩しやすい季節です。
健康に過ごすには、冬の健康管理法を知ることが大切です。

今日は「冬の体調不良」と「冬の健康管理法」を

紹介したいと思います。

 

冬の時期に体調不良になる代表的なパターン

①季節性の感染症(風邪・インフルエンザ)
②感染性胃腸炎(ロタウイルス・ノロウイルス)
③血行障害(狭心症・心筋梗塞)

 

特に注意したいのが、冬に流行するノロウイルス胃腸炎
2012年の冬には、全国的に大流行。猛威をふるいました。
子供はひどくなることが多いので、特に注意が必要です。

血行障害は中高年に多い症状です。生命の危険にもつながるので

冬の健康管理は大事です。

 

冬の健康管理:風邪やインフルエンザ対策

〇風邪・インフルエンザを予防するには?

・おでかけ後の手洗いやうがいを徹底する 
・しっかり眠り、疲れやストレスをリセットする
・ビタミンAとCをしっかり摂取する
・重ね着や半身浴などで、体をちゃんと温める

 

うがいをするときには、もちろん水だけでもいいですが、
塩を加えた「塩うがい」もおすすめです。

 

 

冬の健康管理:ウイルス胃腸炎にかかる前に

ロタ・ノロウイルス胃腸炎を予防するには?

・排便後や、調理や食事の前には十分に手を洗う
・二枚貝(牡蠣類)は、中心部まで十分に加熱する
・家族に感染者がいる場合は、食器衣類などを消毒する

感染力がきわめて強く、ほんのわずかなウイルス量でも発症。
冬の健康管理のためには、しっかり予防しましょう。

 

冬の健康管理:狭心症・心筋梗塞の予防方法

狭心症や心筋梗塞は、心臓の血管に起きるトラブルが原因。

暖かいところから急に寒いところに移動することで、
血管が収縮して血圧が高くなり、心臓に負担がかかることで、
狭心症や心筋梗塞が起こりやすくなります。

気温差があるときは、とにかく注意しましょう。

 

→狭心症・心筋梗塞を予防するには?

・腹八分目、バランスのとれた食事を心がける
・ウォーキングやジョギングなど有酸素運動をする
・血管を細くする恐れがあるので、タバコはやめる
・飲酒は週に3回程度に、休肝日をもうける
・朝起きたときに、コップ1杯の水を飲む

正しい食生活と適度な運動、そして、十分な睡眠。
この3つはやはり、健康を保つ上で基礎になります。

今回、紹介した冬の健康管理法をぜひ試してみてください。
冬を健康に過ごしていくましょう。

 

 

当院では冬の体調不良を防ぐ対処法など様々なことに

ついて相談を行っています。

少しでもお悩みの方はお気軽にご相談ください。

ページのトップへ戻る