MENU
TEL LINE

花粉症対策は早めがポイント|生野区整骨院より | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

Blog記事一覧 > 豆知識 > 花粉症対策は早めがポイント|生野区整骨院より

花粉症対策は早めがポイント|生野区整骨院より

2017.02.09 | Category: 豆知識

kahunn

 

 

 

 

 

 

 

花粉症対策は早めがポイント|生野区整骨院より

 

花粉症の原因となる花粉はスギ花粉が1番多く、

花粉症患者の7割といわれています。

 

スギ以外にもヒノキシラカバハンノキケヤキ

コナラなどの樹木、またカモガヤブタクサヨモギなど

草花の花粉も花粉症を起こすことが知られています。

花粉症でスギ花粉が1番の原因になるのは、

全国の森林面積の18%、国土の12%を占めるという

広大なスギ林が生み出す花粉量の多さによります。

 

ちなみに、スギ花粉の飛散量がきわめて少ない北海道や

スギの木がない沖縄では花粉症患者もわずかだそうです。

 

そんな花粉症でお悩みの方に今回は

早めの花粉症対策について紹介したいと思います。

 

早めに薬を服用する

花粉症であることがわかっている場合の治療法です。

花粉が飛散し始める2週間くらい前から薬の服用を開始します。

 

室内に入る花粉を防ぐ

花粉が付着しやすい素材の衣服着用は避ける。

また、家に入る前には、衣類や髪に付着した花粉をはたき落とす。

 

室内での飛散を防ぐ

スギ花粉は湿気を含むと重くなって落下します。

このため加湿器を利用し、

室内の湿度を上げれば空中での浮遊を防ぐことができます。

 

体に入る花粉を防ぐ

外出時にはマスクや眼鏡、帽子を着用することで

体に入る花粉を効果的に防ぐことができます。

普通の眼鏡でも、目に入る花粉量を3分の1くらいまで減少できますが、

花粉症用の眼鏡は4分の1くらいまで減少できるといわれます。

 

また、マスクは最も効果的な花粉症防護グッズです。

普通のマスクでも水で湿らせたガーゼを中にはさむことによって

90%以上の花粉をシャットアウトできます。

 

最後に、花粉症などの症状が和らがない場合は

鍼灸治療を行うことによって症状を緩和することができます。

しつこい花粉の症状でお悩みの方は一度

当院にご相談ください!!

 

 

当院では様々な症状に対しての治療や

花粉症の症状などに対しての鍼灸治療など行っています

少しでもお悩みの方はお気軽にご相談ください。

 

ページのトップへ戻る