TEL

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

季節の変わり目の体調不良について|生野区整骨院より

2017.10.04 | Category: 自律神経失調症,豆知識,頭痛,食欲不振

もやもや

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(体調不良のイメージ)

季節の変わり目の体調不良について|生野区整骨院より

 

気温も下がって爽やかな行楽の季節である秋。

「夏場よりも過ごしやすいはずなのに、なぜか体調を崩しやすい」

感じている方はおられませんか?

毎年9月下旬〜11月にかけて体調を崩しやすい時期と言われています

秋の体調不良はなぜ起こるのか?

 

⑤つの原因を説明したいと思います。

 

①「夏の冷え」による疲れが残っている

夏場の冷房や冷たい飲み物を飲み続けたことにより

体の冷えを引き起こし、

胃腸の機能の低下がしたまま秋に迎えてしまうことも多いようです。

朝晩の気温が下がる秋に入ると、さらに体の冷えが進んでしまうことも。

 

②急激な気温の変化

9月に入ると、朝晩の気温が下がり涼しさを感じるようになります。

その一方、日中はまだまだ暑い日が続きます。

寒暖差の激しい秋は自律神経のバランスが崩れやすく

「なんとなく体がだるい」

「胃腸の調子が悪い」

「疲れやすい」

「頭痛がする」

といった体調不良の原因となります。

 

③寒暖差アレルギーになることも

激しい気温差により、鼻の粘膜が広がって腫れて

鼻水・鼻づまりなどアレルギー性鼻炎のような症状を引き起こします。

特に筋肉量が少ない女性がなりやすいと言われています。

寒暖差アレルギーによる鼻炎には、

「風邪の症状がない、目の充血がない、鼻水が透明」などの特徴があります。

私の周囲でも寒暖差アレルギーにと思われる鼻炎症状に悩んでいる人が増えています。

 

④空気の乾燥

秋が深まれるにつれ、空気がどんどん乾燥していきます。

空気が乾燥すると、汗をかいてもすぐに乾いてしまうため、

汗をかいていることに気づかず水分補給のタイミングを逃してしまうことがあります。

特にたくさん歩いたときや、

スポーツの後などは気づかぬうちに多量の汗をかいていることも。

のどを潤す程度ではなく、しっかりと水分補給をしましょう。

水分が不足すると、便秘や肌荒れ、のどの痛みなどの体調不良の原因となります。

⑤日照時間の減少

秋になると気温とともに日照時間が減少します。

それに伴って気分が落ち込み、夏場は気にならなかった事が心配になったり、

くよくよと悩んで過ごしてしまうことも。

何をするにもやる気がおこらなかったり、炭水化物を食べ過ぎてしまう、

朝起きられないなどの症状がある場合は季節性うつ病の可能性があるようです。

うつ病というほどではなくても、軽い気分の落ち込みを経験する方は多いようです。

 

季節の変わり目を健康に過ごすための

④つの方法を教えます。

 

 

①体を温める

体を温めることを意識して、毎日を過ごすようにしましょう。

具体的には暖かい飲み物やみそ汁スープなどを飲む、

お風呂に入るときはシャワーだけではなく、お湯にゆっくりとつかる、

生姜など体を温める香辛料を使う、などです。

無理なく毎日の習慣にできることを取り入れたいですね。

 

②水分を積極的にとる

秋は夏にくらべると喉の渇きを感じにくくなりますが、

積極的に水分補給をしましょう。

水分補給には、常温のミネラルウォータや白湯

(水を沸騰させて冷ましたもの)がおすすめです。

太陽の光を浴びて、運動をする

 

朝晩の気温が下がる9月からは、運動もしやすくなります。

お散歩がてらのウォーキングを積極的に取り入れたいですね。

特に朝の太陽を浴びながらのウォーキングがおすすめです。

早朝の太陽を浴びることで、自律神経の働きを高め、

気分の落ち込みも解消することができます。

 

③早寝早起きをする

早寝早起きをすることで自律神経のバランスを整え、

免疫力を高めることができます。秋の夜長で、

読書したり録画したドラマを見たりと、

つい遅くまで起きてしまいそうになりますが、

季節の変わりの目の時期は、特に早寝早起きを意識して生活したいですね。

 

④食事に気をつける

 

秋の食材を積極的に取り入れてバランスの良い食事をこころがけましょう。

旬の食材にはビタミン・ミネラルなどの栄養素が多く含まれています。

例えば、サンマからは良質なタンパク質が摂取でき、

青魚の脂には血液をサラサラにしてくれる「EPA」や、

悪玉コレステロールを減らしてくれる「DHA」が豊富に含まれています。

サツマイモは熱に強いビタミンCや食物繊維が含まれており、

肌荒れや便秘の解消に効果的です。

季節の変わり目の体調に注意して、快適な秋を過ごしたいですね。

 

 

当院では体調を整えるための

骨盤矯正、鍼灸治療、マッサージ手技療法

を行っています。

okyu

 

 

 

 

 

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

 

当院では少しでも悩みが解決するように

治療のご提案をさせていただきます

長引く秋風邪|生野区整骨院より

2017.09.29 | Category: 風邪

sammesa

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(秋のイメージ)

 

 

 

長引く秋風邪|生野区整骨院より

 

暑い夏が終わって夏風邪の時期が終わったと
油断していてはいけません。

 

風邪は夏か冬にかかるというイメージがありますが、
秋も風邪に注意が必要です。

 

夏の暑さが終わって疲れが出てくる秋

 

抵抗力が少なくなってくる今、
風邪をひく人が増えています。

 

 

秋に引く風邪の特徴

 

症状としては、普通の風邪と変わりません

 

喉の痛みや咳、発熱、

そして頭痛などの症状が現れます。

 

秋風邪は症状がそれほど強くないものの、
長引くと言われています。

 

秋のはじめは日中は暑い日もありますが、
朝晩は冷えるために温度差が激しいです。

 

また、夏バテが続いていて、体調が良くない上に
風邪を引けばなかなか治りません。

 

温度差などで喉を痛めていつまでも
咳が止まらない人もいます。

 

 

秋に引く風邪の予防

 

空気が乾燥している秋は咳などを

引き起こす原因をつくります。

 

秋の朝晩の冷えも風邪を引き起こしますから、
寝ている間も注意をすることが必要です。

 

①睡眠を見直す

 

厚い布団をかけることはかえって汗をかいてしまって
よくありませんが、大事な喉を守るために、
寝るときは首にタオルを巻くようにしましょう。

 

それだけで冷えを防ぎますから、
後は薄い布団をかけるだけで大丈夫です。

 

体が疲れていると風邪に対する抵抗力が弱まります

 

体の疲れはオフロにゆっくり入ってとりましょう。

 

②入浴を見直す

 

熱いお湯に長くつかっていると、
かえって疲れてしまいます。

 

ぬるめのお湯に浸かったり半身浴をするなどして
しっかり疲れを取ってください。

 

kodomo_illust-21

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食べるものや飲み物も注意が必要です。

 

③食べ物を見直す

 

まだ暑い日もあることから冷たいものや
冷たい飲み物ばかりほしい、という人もいるでしょう。

 

しかし、冷たいものばかりを食べていては、
胃腸が弱ってしまいます

 

風邪を予防して元気な体を作るためには、
あたたかい食べ物や飲み物にすることがおすすめです。

 

冷たい水やジュースを飲むよりも、
温かいお茶を選びましょう。

 

当院ではお灸による治療も行っています。

 

④自律神経を整える

 

お灸をすることにより自律神経を整え、

体質改善を行い、風邪をひきにくくすることができます。

 

そうして健康な体つくりの手助けすることもできます。

DSCN7517

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

当院のスタッフが親切丁寧にお答え致します。

10月に多い意外な病気|生野区整骨院より

2017.09.28 | Category: 体調不良,豆知識

benn

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(食当たりのイメージ)

 

10月に多い意外な病気|生野区整骨院より

 

食中毒は9~10月に最も増加します。

まだまだ湿気なども多く、暖かい気候が続いているので

油断すると食材に菌が繁殖してお腹を壊してしまうことが多くあります。

 

この症状の詳しい原因や予防法などについて紹介します。

 

食中毒の原因

食中毒は腸管出血性大腸菌やカンピロバクターなどの細菌や

ノロウィルスによるものが多いのですが

秋になるとふぐ毒や毒キノコによるものも大幅に増えます。

 

山菜取りに出かける場合は必ず採取する植物や

キノコに毒がないか確認するようにしましょう。

その他、お弁当や作りおきの料理などを常温で保管していることでも

家族間で感染を広げてしまうこともあります。

 

嘔吐物(おうとぶつ)からの感染で

広がってしまう可能性もあります。

 

糞便からの感染では症状が治まってからも

1週間の間は感染する可能性があります。

トイレからの感染、おむつの交換からの感染の危険性もあります。

 

食中毒の予防法

死に至ることもあり怖い食中毒ですが

かといって何も食べずにいるわけにはいきません。

 

原因となる菌やウィルスのほとんどはで死滅します。

食材にはしっかり火を通すこと

中心部まで75度で1分以上加熱しましょう。

また、食材や料理の保存にも注意が必要です。

冷蔵庫でしっかり冷やして保管することがいちばんですが

屋外へ持ち運ぶことも多いですよね。

 

その場合も、保冷材や保冷バッグで低温に保つための工夫をしてください。

お弁当のつくり方や詰め方でも食中毒の予防ができます。

おかずから出た汁や蒸気の水分や、

複数の種類のおかずが混ざり合ってしまうことは

お弁当が傷む原因になるのです。

なるべく汁気の出ないおかずを揃え、

おかず同士がくっつかないように仕切りを使用してください。

 

秋は運動会やお祭り・バーベキューなど

外で食事をする機会の増える行楽シーズンです。

食欲の秋も良いですが、

口にするものには十分注意して楽しんでください。

しっかりと手洗いをしたり、アルコールスプレーやアルコールジェルを

利用して清潔に過ごすことも大切です

 

当院では体調を整えるための

骨盤矯正、鍼灸治療、マッサージ手技療法

を行っています。

okyu

 

 

 

 

 

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

 

当院では少しでも悩みが解決するように

治療のご提案をさせていただきます

 

あなたの秋バテはどのタイプ?生野区整骨院より

2017.09.27 | Category: 豆知識

akibate

 

 

 

 

 

 

(疲労がたまっているイメージ)

あなたの秋バテはどのタイプ?生野区整骨院より

 

猛暑が続く中、冷房の効いた室内と炎天下の屋外を行き来するだけで、

知らず知らずのうちに身体にはストレスがかかっています。

気づけば、暑さがやわらぐ季節になっても、

疲れやだるさが残ってしまうこともあります。

 

「ウーマンウェルネス研究会」の調査によると、

毎年秋に身体の不調(秋バテ)を感じた女性は約4割

そのうち6割以上が「疲労、ストレス」を感じていたことが明らかに。

実は、夏の疲れを引きずる「秋バテ」は3つのタイプがあります。

今日はその原因や種類を紹介したいと思います。

 

「秋バテ」とは?

 

「秋バテ」とは、夏の間に疲れをためてしまい、

過ごしやすいはずの秋になっても、

身体のだるさや疲労感などの心身の不調を感じることをいいます。

「秋バテ」のおもな原因として、次のようなことが挙げられます。

 

・高温多湿

・紫外線

・冷房による冷え

・冷たいもののとり過ぎによる内臓冷え

・室内と屋外の温度差

 

近年、こうした原因によって「秋バテ」を訴える人が増えています。

とくに猛暑が続いた夏以降の「秋バテ」は、要注意。

 

冷房の設定温度が必要以上に低くなったり、

冷房で身体が冷えたりすることにより、

疲労感をはじめ、さまざまな症状をもたらします。

冷たい食べものや飲みものをとる機会も増え、

例年に増して「秋バテ」のリスクが高まっています。

 

○秋バテの3つのタイプと原因

 

①胃腸疲れ→冷たいものや油っこい物の取りすぎなどにより

      胃腸の機能が低下。

 

②冷房疲れ→冷房により体が冷える。室内と屋外との

      温度差に体が対応できなくなる。

 

③暑さ疲れ→もともと虚弱な人に、暑さや紫外線、

      湿気によるダメージが蓄積する。

 

タイプ別秋バテ対策

 

①胃腸疲れタイプ

 

冷たいものを一気に飲んだり、とり過ぎたりといった、

胃腸に負担のかかる摂食行動が原因で起こり、

食欲不振、胃もたれ、便秘、下痢など胃腸に疲れがあらわれます。

食事はショウガや山椒などのスパイスを上手にとり入れて、

身体の中から温める工夫をするといいでしょう。

 

②冷房疲れタイプ

 

冷房の効いた室内で過ごす時間が長い人に多く、

冷房による冷えと屋内外の温度差が原因で、

冷えや疲れがとれないなどの秋バテ症状を感じるタイプ。

冷房で冷えたときは、

ぬるめの入浴(38℃くらい)でリラックスしながら

温まるのがおすすめです。

 

③暑さ疲れタイプ

 

もともと体力がなくて胃腸が弱い人に多いタイプ。

気温が高くなる梅雨ごろから身体がだるくなり、

夏から秋にかけてずっと不調が続くのが特徴。

睡眠前にホットアイマスクや蒸しタオルを活用し、

約40℃で目もとを10分程度温めると、

リラックス効果が高まり、質のよい眠りが得やすくなります。

 

秋バテ対策とは?

 

→ぬるめ(38℃前後)入浴のお湯に

 10分程度つかることで疲労回復につながります。

 

 過度の仕事や運動、大量の紫外線、

 精神的ダメージや不眠など、心身のストレスにより、

 活性酸素が大量に発生します。

 活性酸素は、細菌の攻撃から身体を守るために

 身体に必要な物質ですが、

 増え過ぎると細胞機能の低下や組織損傷を引き起こし、

 疲労感やパフォーマンス低下などの症状が起こります。

 

 

DSCN8068

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院の箱灸治療では自律神経を整えることで

疲労感や心身の不調が起こりにくい体作りを

目標に治療することできます。

 

当院では体の不調やお悩みの

相談など様々なことについて相談を行っています。

少しでもお悩みの方はお気軽にご相談ください。

上腕二頭筋腱損傷・断裂について|生野区整骨院より

2017.09.22 | Category: 肩周辺の痛みに対して

 

kata

 

 

 

 

 

(肩が痛いイメージ)

 

 

上腕二頭筋腱損傷・断裂について|生野区整骨院より

 

・上腕二頭筋腱損傷・断裂の症状

肩の前側~力こぶ周辺の痛み

肘を伸ばした状態で物を持ち上げると肩が痛む

後ろに手を回すと肩が痛い

じっとしてても肩の前側が

ズキズキやジンジンとうずくように痛い

 

 

 

断裂の症状

力こぶが肘近くにあるor肩近くにある

(左右と比べてみて)

 

・上腕二頭筋腱損傷・断裂の原因

『上腕二頭筋』とは力こぶの筋肉のことです。
力こぶの筋肉が働いて縮む時、また逆に伸ばされる時、

細い腱の部分が引っ張られます。

 

 

 

そのような刺激が繰り返されることで徐々に傷つき、

断裂してまうこともあります。

 

しかし、炎症,損傷という状態よりも、

断裂の状態の方が腱にかかる引っ張る力が

なくなるため痛みが軽減する場合があります。

 

この断裂の原因として圧倒的に多いのは、

加齢性にだんだん傷んできてしまうということです。

 

加齢性の損傷が多いという意味では

肩の腱板断裂(けんばんだんれつ)と深く関係しています。

腱板断裂の記事⇩

http://www.kumenei.com/archives/11142

 

腱板断裂がある人ではこの上腕二頭筋長頭腱が

切れた腱板の代わりに頑張ってくれていることが多いです。

 

 

 

その結果、切れてしまうということもよく起こります。

 

また、力仕事やスポーツ選手などで

オーバーユース(使いすぎ)で切れてしまうこと、

外傷で切れてしまうことももちろんあり得ます。

 

・上腕二頭筋腱損傷・断裂の治療

断裂部の痛みは安静にしていれば徐々に治まり

日常生活を送るだけなら支障がなくなります。
*肘や肩の動きに制限はあります

 

高齢者の場合ならそれほど不自由なく生活が

送れる可能性が高いので、そのまま保存的に

治療することもあります。

 

保存療法の場合は上腕二頭筋の機能が失われているので、

それを補うために肩や肘を曲げるための補助筋を

トレーニングしながら生活していくことをお勧めします。
*上腕筋・烏口腕筋・三角筋など

 

そのほかにも一人ではなかなか続けるのが難しいストレッチ

テーピングなども行います。

 

痛みに対しては鍼灸治療を行います。

 

鍼灸治療を行うことで患部の血流が良くなり

痛みの成分を洗い流すことができます。

 

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

当院のスタッフが親切丁寧にお答え致します。

背中の痛み、左右の違いについて|生野区整骨院より

2017.09.21 | Category: 痛みについて,肩こり,背中の痛み,腰の痛みについて,豆知識

senaka

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(背中の痛みのイメージ)

 

背中の痛み、左右の違いについて|生野区整骨院より

 

背中が痛いと感じることは日常生活の中でしばしばあることですが

その原因は実にさまざまです。

 

ただ姿勢が悪い、疲れがたまったなどの原因であればよいですが、

実は重大な病気が原因で痛みが出ることもあります。

 

今回は、背中が痛くなる原因、背中の右側、左側で

変わる病気と症状についてご紹介します。

 

病気以外の背中の痛みの原因

病気以外の背中の痛みの原因は

・肉体労働などによる筋肉疲労

・猫背などの悪い姿勢

・デスクワークで同じ姿勢を続けることで起こる血行不良

・胸やお腹など他の部位の痛みの影響

・ウイルスや細菌などの感染の影響

・日々の生活のストレス

など実にさまざまです。

 

背中の痛みの原因はさまざまで、

個人で特定して対処することは困難なので

背中の痛みがあった際は病院に行って詳細に調べることをおすすめします。

 

背中の右側が痛む場合に考えられる病気

 

・肝臓がん

肝臓にできる悪性腫瘍「癌(がん)」ができることを指します。

右側のお腹の不快感、右側の肩甲骨や背中の痛み、

カラダの衰弱などの症状が現れます。

比較的に女性より男性が多い傾向にあります。

 

・肝炎

肝炎は肝臓がなんらかの原因で炎症が起きている状態を指します。

発熱、背中の右側の痛み、カラダがだるくなる、黄疸などの症状が主です。

 

・胆石症

脂肪の消化を助ける役割のある胆汁の成分が固まってできた石(胆石)

胆のうの出口に詰まってしまい痛みを引き起こす病気が胆石症です。

みぞおちから右脇腹にかけての痛み、

背中の右側の痛み、寒気や吐き気などが主な症状です。

 

・胆のう炎

胆のうに炎症が起きてしまった状態を胆のう炎と言います。

胆石症で詰まってしまった胆石がなかなか移動しないことが原因で

炎症を引き起こしてしまい胆のう炎になります。

 

胆のう炎は、急性胆のう炎慢性胆のう炎の2種類があり

症状は異なります。

 

急性胆のう炎は発熱、吐き気、右側の腹部から右肩、

背中の右側の激しく痛みが出て、

慢性胆のう炎は右側の腹部や背中の右側に

ズキズキするような痛みを感じるくらいです。

 

背中の左側が痛む場合に考えられる病気

 

・膵炎

膵臓から分泌される膵液の消化酵素が膵臓自体を消化してしまい

炎症を起こす病気です。

急性膵炎と慢性膵炎の2つがあります。

腹部周辺の痛みがもっとも特徴的な症状で、

ほかには背中の左側の痛み、発熱、食欲がないなどの症状が現れます。

 

・膵臓がん

膵臓にできる悪性腫瘍「癌(がん)」ができることを指します。

みぞおちから左わき腹にかけての鈍い痛み、

背中の左側の痛み、全身のだるさ、下痢や便秘などの症状が現れますが

病気の初期段階では自覚症状がないことが多く

これといった特徴のある症状がないので早期の発見が難しい病気です。

 

・胃炎

胃に起きる炎症のことで、種類は急性胃炎と慢性胃炎に分けられます。

胃周辺の痛み、背中の左側の痛み、胸焼け、胃のむかつきが主な症状で

症状が重い際は吐血や下血の症状が見られます。

 

・心筋梗塞

心臓の筋肉に栄養を与える冠状動脈が詰まってふさがり、

心臓に血液が送れなくなって心臓が壊死してしまう病気が心筋梗塞です。

背中の左側の痛みの他、胸に激痛が走り

発作後は徐々顔色が悪くなって冷や汗や吐き気

意識障害などの症状が見られます。

最悪の場合、不整脈が起こって急死することもあります。

 

当院では体調を整えるための

骨盤矯正、鍼灸治療、マッサージ手技療法

を行っています。

 

また、骨盤矯正につきましては

当院の骨盤矯正は通常1回¥2.000(初回)で

施術させていただいています。

 

また当院では2017年9月限定で

骨盤矯正フリーパス券を販売しています。

 

これを機会に

骨盤矯正をはじめてみるのはいかがでしょうか?

少しでも気になる方は

スタッフまでお申し付けください。

 

フリー券1original 001フリー券2original 001

 

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

 

当院では少しでも悩みが解決するように

治療のご提案をさせていただきます

女性が寿命が長い理由|生野区整骨院より

2017.09.20 | Category: 豆知識

hada

 

 

 

 

 

 

 

(体調を気にしているイメージ)

女性が寿命が長い理由|生野区整骨院より

 

日本は世界一の長寿国と言われます。

2014年の厚生労働省調査によると、

女性の平均寿命は86.83歳と3年連続世界一。

男性も80.50歳で世界3位の長寿を誇りますが、

その平均寿命の差は約6歳もあります。
 

実は、女性の寿命が男性より長いのは日本だけではなく、

世界的な傾向。中にはロシアのように「男性63歳、女性75歳」と、

12歳も開きのある国もあります。

今日は女性の寿命が長い理由を紹介したいと思います。

 

〇かかりやすい病気の差

 

男性がかかりやすい病気の代表的なもので、がんや心筋梗塞があり

日本人の死因トップ3の中に入ります。

 

女性は、骨粗鬆症や関節痛が起こりやすいと言われていますが、

どれも高齢になってから発症するものが多く、健康に過ごせる期間が

長い女性は平均寿命が長い一因だと考えられています。

 

〇研究してきてわかってきたポイント

 

①ホルモンの働き↓↓

 

女性ホルモンの「エストロゲン」には血圧を下げたり、

悪玉コレステロールの血中濃度を下げたりする働きがあり、

閉経前の女性に心疾患が少ないのはそのためと考えられています。 

 

また、男女ともに脂肪細胞から分泌される「アディポネクチン」

というホルモンには、動脈硬化を抑える作用があり、

長寿の女性ではこの数値が高いことがわかっています。

 

②基礎代謝が少ない↓↓

 

基礎代謝とは、生きていくために必要な最低限のエネルギーのこと。

女性の方が男性より基礎代謝が低く、

女性の方が男性より少ないエネルギーで生きていけるため、

環境の変化に適応しやすいことも

長寿につながっているのではと言われています。
 

③健康状態を気にする↓↓

 

男性より女性の方が医療機関を

受診する頻度が高いという統計があります。

また、女性の方が食事で栄養バランスに注意したり、

アルコールの摂取が少なかったり、

自分の生活習慣を見つめ健康に気を遣う傾向があります。

その傾向が、女性の寿命を延ばしている可能性があると考えられています。
 

 

男性も普段から健康状態に注意して、

異常を感じたら早めに受診するようにしましょう。

 

DSCN8068

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院では自律神経を整えることでホルモンバランスを

整えることができます。

そのために当院では箱灸治療を行い、

ホルモンバランスが乱れにくい体作り

を目標に治療することができます。

 

当院では体の不調やお悩みの

相談など様々なことについて相談を行っています。

少しでもお悩みの方はお気軽にご相談ください。

足底筋膜(足底腱膜)炎とは|生野区整骨院より

2017.09.19 | Category: 足の痛みについて

 

足つぼ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(足の裏のイメージ)

 

 

 

 

足底筋膜(足底腱膜)炎とは|生野区整骨院より

 

この足底筋膜というのは、足の指から
土踏まずを通ってかかとに集まっているものです。

 

その足底筋膜が伸び縮みして
足が地面についた時に受ける衝撃を
和らげて吸収してくれているのです。

 

この足底筋膜がクッションという
物凄く大事な役目をしてくれているのです。

 

この足底筋膜は伸び縮みするのですが
これが硬くなってしまってしまうと

衝撃を受けた時に足底筋膜が

引っ張られてしまい痛みを感じてしまいます。

 

かかとが特に痛くなってしまうのは
それぞれの足底筋膜が集まって
くっついている場所だからです。

 

無理に引っ張られることによって
分裂してしまい肉離れをしてしまうような感じです。

 

 

・足底筋膜炎の症状

 

:歩くとかかとが痛い。

:歩くと土踏まずが痛い。
:足の裏が痛い。
:布団から出る一歩目でかかとが痛い。
:急に歩いた時かかとが痛い。

 

この5つの症状が足底筋膜炎に

なっていて多い症状です。

 

どれもただ歩いているだけの時に
起こってしまう痛みで特に
朝寝起きで歩く瞬間、歩き出す一歩目に

かかとに激痛が走るのが大きな特徴です。

 

・足底筋膜炎の原因

 

:疲労が溜まっている
:足の筋肉が弱っている
:足の裏に強い衝撃を与えた

 

歩き方が悪いと足の指が浮いてしまったり
曲がったりしてしまう浮き足にもなって
しまうので気をつけなくてはいけません。

 

・足底筋膜炎の治療

 

足底筋膜炎を治していくには、その原因となっている

:足の疲労
:筋肉の硬直

 

を治していく事です。

 

そこでまず大事になってくるのが

:足の疲労をとること
:血行を良くすること
:筋肉を柔らかくすること

 

当院では鍼灸治療を行っています。

 

筋肉を緩めるのはマッサージでもできますが、

鍼だと筋肉に直接アプローチすることができます。

 

さらに血流がよくなり

痛みを感じる成分を洗い流してくれます。

 

そのほかにも一人ではなかなか続けるのが難しいストレッチ

テーピングなども行います。

 

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

当院のスタッフが親切丁寧にお答え致します。

こんな方には骨盤矯正がおすすめ!|生野区整骨院より

2017.09.13 | Category: 肩こり,腰の痛みについて,豆知識,骨盤矯正

骨盤

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(骨盤のイメージ)

 

こんな方には骨盤矯正がおすすめ!|生野区整骨院より

 

骨盤の歪みがおきるとさまざまな体の不調に悩むことが多いと思います。

まさか長年悩んでいたこの症状が骨盤の歪みが原因!?

と驚く人も少なくありません。

 

それもそのはず、骨盤とはまったく関係ない場所にある体の不調も

実は骨盤の歪みが関係していることもあるためです。

 

それだけ骨盤というのが体の支柱になり

大切な役割をしていることがわかると思います。

 

そんな骨盤の歪みが原因となっている不調に気付き、

骨盤矯正などを用いて正してあげることがなによりも重要です。

 

まずはあなたのどんな不調が骨盤の歪みと関係しているのか?

また骨盤矯正を用いてどのぐらい良くなるの?詳しく説明します。

 

骨盤は健康な体を維持する上でとても重要な役割を担っています。

ただの腰にある骨ではないのです。

 

骨盤のなかには男性・女性のどちらにも内臓や生殖器・泌尿器など

大切な部分が入っています。

これらを外敵から守ってくれているのが骨盤です。

 

また体のバランスを整える働きがあるのも骨盤の役割です。

骨盤の位置や付近をイメージするとわかりやすいのですが、

骨盤の上には背骨がありその土台になっています。

 

骨盤の歪みがあると?

骨盤の歪みがあるということは、

背骨だけでなくそこからつながっている腰痛や肩こり

などの症状の引き金となってしまうのです。

 

骨盤を正しく保つことは健康だけでなく

美容にもとても効果を発揮しますので

骨盤の歪みで体の不調に悩むことがないように

工夫することがとても大切です。

 

なぜ骨盤の歪みは何が原因でおきてしまうのでしょうか。

骨盤自身が自分から歪むことはありません。

 

骨盤につながっている筋肉が正しく使われずに

バランスが保てなくなったことが原因で

骨盤の歪みはおきてしまいます。

 

具体的には梨状筋(りじょうきん)中殿筋(ちゅうでんきん)

とよばれる筋肉で、体の中心部にあるインナーマッスルを鍛える筋肉です。

 

骨盤の歪みを正すということは骨盤の位置を矯正的に戻すのではなく

この筋肉を鍛えてもとの正しい位置に戻してあげることをいいます。

 

そのため骨盤の歪みを正すには継続が必要で、とても時間がかかるのです。

 

 

当院の骨盤矯正は通常1回¥2.000(初回)で

施術させていただいています。

 

また当院では2017年9月限定で

骨盤矯正フリーパス券を販売しています。

 

これを機会に

骨盤矯正をはじめてみるのはいかがでしょうか?

少しでも気になる方はスタッフまでお申し付けください。

 

フリー券1original 001フリー券2original 001

 

 

当院では体調を整えるための

骨盤矯正、鍼灸治療、マッサージ手技療法

を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

 

当院では少しでも悩みが解決するように

治療のご提案をさせていただきます

 

紫外線が多い秋の白内障にご注意を|生野区整骨院より

2017.09.13 | Category: めまい,ドライアイ,眼精疲労,豆知識

me

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白内障で悩んでいるイメージ)

紫外線が多い秋の白内障にご注意を|生野区整骨院より

 

秋の行楽日和は、登山やハイキングに出かける方も

多いのではないでしょうか。
そこで気を付けたいのが、「紫外線」です。

 

あまり知られていませんが、

秋に降り注ぐ紫外線量は意外と多いもの。
油断していると白内障などの思わぬ病気を招くこともあります。

今日は紫外線と白内障の関係について紹介したいと思います。

 

目が白く濁る!? 白内障とは

 

白内障とは、目の中にある水晶体が白く濁る病気です。
水晶体は目の中でカメラのレンズと
しての

役割を担っている組織で、

ピントを合わせる働きを持ちます。
そのため、白内障によって水晶体(レンズ)が白く濁ると、

目のかすみや視力低下、光をまぶしく感じる

などの症状が現れます。
 

痛みもなくゆっくりと症状が進行するため、

なかなか気付きにくいのが厄介なところです。

 

白内障は高齢になるほどかかりやすく、

そのリスクは年齢を重ねるごとに増えていきます。
80歳以上の場合はほぼ100%

白内障の所見があるといわれています。

 

最近ではパソコンやスマートフォンで目を酷使することによる

「若年性白内障」も増えているので、若い人も注意が必要です。

 

なぜ秋に“白内障”?

 

白内障の原因は、主に加齢と紫外線といわれています。
秋は、夏に比べて紫外線量が減っているのは確かです。
しかし、紫外線量のピークは5月から9月で、

まだまだ油断できないのが現実。

多いときには真夏の70%に相当する量が

降り注いでいるとされています。
 

秋の紫外線対策とは

 

・紫外線予防アイテムを使おう
 

サングラスや帽子で紫外線を防ぎましょう。

帽子はつばが広いものを選ぶと、

予防効果が高くなります。

 

・目を労わろう(いたわろう)

目の疲れをこまめにとってあげることも、

白内障の予防につながります。
また、目のかすみは疲れ目の可能性もあります。

その際は目薬をさしたり、

蒸しタオルで温めたりすると改善されます。

 

 

DSCN8068

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はり

 

 

 

 

 

 

目の周りに対するお悩みがある方には当院では

眼精疲労、白内障、に効果のあるツボなどに

灸(きゅう)鍼(はり)治療を行い

症状を改善することができます

 

 

 

当院では白内障についての体のお悩みや

相談など様々なことについて相談を行っています。

少しでもお悩みの方はお気軽にご相談ください。

ページのトップへ戻る