TEL

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

ネガティブは病気リスクが高い|生野区整骨院より

2017.06.07 | Category: 豆知識

hada

 

 

 

 

 

 

 

(ネガティブで悩んでいるイメージ)

ネガティブは病気リスクが高い|生野区整骨院より

「病は気から」などと言いますが、人間が本来もっている

自然治癒力や免疫力が発揮できればほとんどの病気は

ひどくならないうちに治ってしまうものです。
ところが、ストレスや食生活の変化や性格の違いにより

私たちの自然治癒力や免疫力はかなり低下していると

言われています。

今日は、性格の違いによってなりやすい病気を

紹介したいと思います。

 

せっかちで怒りっぽい「タイプA」は心臓病リスクが高い

 

アメリカの医師・フリードマンが、心臓病の外来で待合室の

イスが、異常に早く擦り切れているのを

見つけたことがきっかけでした。

心臓病患者はすぐに立ち上がれるよう、

浅く腰掛けている人が多かったためです。

 

「せっかち」「怒りっぽい」「積極的」「競争心が強い」

という特徴があり、攻撃的、挑戦的で、責任感の強い人ほど心臓病に

なりやすいという統計を取って、

このような性格・行動パターンを「タイプA」と名付けました。
 

おとなしい「タイプB」は病気になりにくい?

 

その反対に、内向的でのんびりしており、

目立たない性格・行動パターンを持つ人

「タイプB」と定義されています。

タイプAとタイプBを比較した研究によると、

タイプAの人はタイプBに比べて心筋梗塞や狭心症のなりやすさが

女性では2~3倍でした。また、日本の研究では、

タイプBの女性はタイプAの女性に比べて心筋梗塞や

狭心症の発症リスクが0.8倍であるという結果が出ています。

 

ガマンしてしまう「タイプC」はがんになりやすい

 

150人以上のがんの患者を面接した結果、

共通する性格的特徴があると認めたのが「タイプC」。

怒りを表に出さない、他人の要求を満たそうと

気を遣いすぎるといった「いい人」がこのタイプの特徴です。

過剰適応によるストレスが免疫系に作用し、

がん細胞と闘う免疫力を低下させていているというが証明

されています。

 

きまじめでネガティブ思考の「タイプD」が最も危険?

 

物事をネガティブにとらえるだけでなく、

他人とのコミュニケーションが苦手なタイプです。

「タイプDの人は、心血管疾患になってからの

全死亡リスクが4.1倍も高い」という衝撃的な論文に

よって知られるようになりました。
タイプDの人は心血管疾患、高血圧、

うつなどのリスクが高くなるといわれ、

日本人は4割以上がタイプDで欧米の約2倍なのだとか。

 

さて、あなたはどの性格にあてはまりましたか?

 

日本の医療でも地域や社会などにおける幅広い定期検診の

実施をはじめとし、予防医学に積極的に取り組んでいます。
鍼灸治療は、鎮痛効果や自然治癒力や

免疫力向上の効果があり、

予防医学的見地からも極めて有効です。

 

病気になる前に、あなたの体をストレスから解放し、

免疫力を高めるためにも予防医学としての鍼灸治療を提案します。

 

 

当院では自然治癒力の改善や

免疫力向上、自律神経を整える

鍼灸治療など行っています!!!

少しでもお悩みの方は

お気軽にご相談ください!!!

手がしびれる理由について|生野区整骨院より

2017.06.07 | Category: しびれ

89g (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(手のしびれのイメージ)

 

 

 

 

手がしびれる理由について|生野区整骨院より

 

 

手が痺れることがありませんか?

「ジンジン」でも「ジーン」でも、感じ方はそれぞれなので、

中には無感覚に近い痺れ方もあるかもしれません。

 

症状に個人差もあるのですが、

手や腕や指先等が痺れてしまう原因はたくさんあります。

 

直ぐに回復してしまう一時的で気楽ものから、

一生治ることの無い深刻な病気まであるので、

「たかが痺れ」と侮れない症状なのです。

 

よくある原因として、3つのことがあげられています。

1.神経の圧迫

2.脊髄の障害

3.糖尿病

 

1.神経が圧迫される

末梢神経が圧迫されてしまう事で、

手や指先に痺れが発生する場合があります。

 

手や指先のうち、どの場所が痺れているかによって、

末梢神経のどの神経が圧迫されているかが変わります。

 

人の手は器用で、かなり複雑な動きができます。

50キロ以上の握力があるかと思えば、

糸を持って針の穴に通すような細かな仕事もこなし

剛と軟を兼ね備えた部位であり、末梢神経も複数備えてます。

ここには数多くの神経が通っているのです。

 

正中(せいちゅう)神経

腋窩(えきか)神経

筋皮(きんぴ)神経、

橈骨(とうこつ)神経、

尺骨(しゃっこつ)神経 等があります。

どこが傷んでいるのかによって、痺れが異なります。

 

2.脊髄の障害

身体の中心を貫いているのが脊髄と呼ばれるもので

人体の中心であるとともに、神経の中枢が通っています。

 

脊髄の障害がおこることで、手が痺れることがあります。

代表的なのが「脊髄のヘルニア」です。

 

3.糖尿病

糖尿病と痺れ。一見、このふたつは無関係のように見えますが

しかし、糖尿病で 血糖値が高い状態が続けば、

痺れの症状が現れてきます。手や指先それに足先など、

身体の末端から痺れが起きるようになるのです。

 

痺れだけならまだ可愛いのですが、

糖尿病が悪化すると、痛みがおこったり

末端の感覚が鈍ってきます。

 

糖尿病をそのまま放っておけば、

症状がエスカレートするいっぽうで

排泄障害顔面麻痺筋肉の委縮

などなど、深刻な症状が現れるようになっていきます。

 

当院ではそんなしびれの症状に対して鍼灸治療を行い

しびれの症状を改善することができます。

しびれでお困りの方は一度当院にご相談ください。

 

 

 

当院では体調を整えるための鍼灸治療や、

マッサージ手技療法を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

 

当院では少しでも悩みが解決するように

治療のご提案をさせていただきます。

 

やけどについて|生野区整骨院より

2017.06.02 | Category: 日常

te-pinngu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(やけどのイメージ)

 

 

 

 

やけどについて|生野区整骨院より

 

普段、我々の生活には、沸騰したお湯や調理器具、ヒーターなど、

やけどの危険性が多く潜んでいます。

 

 

やけどするとどうなるか

やけどによって組織が傷つくと、

損傷した部分の血管から体液が漏れ出し、腫れたりします。

 

また損傷した皮膚などの体表面は、

微生物の侵入を防ぐバリア機能が働かなくなるので、

感染症を引き起こしやすくなります。

 

 

やけどの深さと症状

Ⅰ度

ヒリヒリとした痛みがあります。やけど跡は残りません。

日焼けはⅠ度のやけどに含まれます。

 

Ⅱ度

水ぶくれがみられます。水ぶくれが破れるとびらん(ただれ)がおこり、痛みや灼熱感が現れます。

やけど後のケアによっては、やけど跡が残る場合があります。

 

Ⅲ度

水ぶくれ、びらんなどが起きます。痛みは軽度で、

水ぶくれの下の皮膚が白くなります。

軽度の跡が残ります。

 

Ⅳ度

痛みを感じる神経も焼け死んでいるので痛みは感じません。

やけど跡は盛り上がったりしてはっきりと残ります。

 

 

やけどを負ったときの応急処置

まずは流水で冷やします。

やけどを起こした場合は、まず流水でしっかり冷やすことが大切です。

このとき、患部に直接流水を当てずに少し上の部分に当てるようにします。

衣服を着た状態でやけどした場合は、衣服の上から冷やすようにします。

無理に脱がせようとすると皮膚がはがれてしまうことがあるので、絶対に脱がしてはいけません。

 

 

やけどを負ったときのケア

治療薬(軟膏)を塗る

重度のやけどの場合は、適切な治療をしても治療に1か月ほど要します。

速やかに受診するようにしましょう。

 

水ぶくれはつぶさない

水ぶくれは皮膚表面の表皮の下に体液が溜まってできるものなので、つぶさずにそのままにしておきましょう。

食事も大事

やけどを負った場合、傷口から体液が出ることでタンパク質や水分を消費します。なので水分やタンパク質を補うような食生活をしましょう。

 

 

 

わからないことがあれば気軽ににご相談ください。

鼻炎の種類|生野区整骨院より

2017.05.30 | Category: 鼻炎

「鼻炎 イラスト」の画像検索結果

(鼻炎のイメージ)

 

鼻炎の種類|生野区整骨院より

 

鼻炎の種類は原因によってさまざまです。

よく知られているアレルギー性鼻炎の他、

主な鼻炎をご紹介します。

 

(1)アレルギー性鼻炎

日本人の2.5人に1人が発症しているとされる鼻炎で、

季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)

通年性アレルギー性鼻炎に分けられます。

 

季節性アレルギー鼻炎の原因は、

ほとんどが花粉です。

 

通年性アレルギー鼻炎のアレルゲンには、

ハウスダスト(部屋のほこりやダニ)、

カビペットの毛や皮屑などがあります。

 

 

(2)血管運動性鼻炎

アレルギー性鼻炎と同じ症状が現れるが、

特定のアレルギーが見つからない鼻の疾患です。

温度差によって発生するケースが多いです。

 

また、寝不足、精神的ストレス、

タバコの煙などが原因となることもあります。

高齢者に多く見られる現象ですが、

温かいものを食べた時に鼻水が止まらなくなることも多いとされます。

 

 

(3)萎縮性鼻炎

鼻の粘膜が薄く硬くなり、

鼻腔が広がって鼻の中が乾燥しているように感じたり、

かさぶたやニオイが発生することもある慢性鼻炎の一種です

 

鼻の粘膜には、ホコリなどの粒子を取り除いて

鼻の中を潤す「線毛」と呼ばれる細胞がありますが、

萎縮性鼻炎になるとこの線毛が機能しなくなり、

症状が悪化していくとされています。

 

 

(4)薬剤性鼻炎

市販の点鼻薬などを使いすぎた時に起こる鼻の疾患で、

鼻づまりが主な症状となります。

点鼻薬を長期間使用することで血管が広がってしまい、

鼻の粘膜が腫れて鼻づまりの症状が起こるのです。

 

点鼻薬を1日に3回以上、

1か月以上継続して使用している場合は、

薬剤性鼻炎になっている可能性があります

 

 

当院では鼻炎に鍼灸治療を勧めております。

また、さまざまな疾患の場合もあります。

我々専門家にご相談ください。

最適な処置をご提案させて頂きます。

足のむくみは病気の前兆?!|生野区整骨院より

2017.05.30 | Category: むくみ

mukumi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(足のむくみのイメージ)

 

 

 

足のむくみは病気の前兆?!|生野区整骨院より

 

もしむくみがある方は以下の項目をチェックしましょう。

 

1.むくみは全身か、左右片側だけか、局所か

2.むくみが朝方からあるのか、夕方に出てくるのか

3.むくみは日ごとに強くなっているのか

4.押すとへこむか、へこまないか

5.体重の増加があるか

 

 

「足のむくみはよくあること」「むくみなんてたいしたことない」

と考えている人はいませんか?

実は足のむくみが病気のサインということもあるのです。

そこで今回は足のむくみから考えられる病気について紹介していきます。

 

細胞と細胞の間にある水分を間質液といいますが、

その間質液が増加して足がパンパンになって

足が張っているものを「むくみ」といいます。

 

毛細血管の内壁には無数の小さな穴があり、

ここで血管の内と外の水分量の調整をしています。

しかしこの機能のバランスが何らかの原因で崩れて、

水分が余分に排出されたり間質液としてたまったりすると

むくみ(浮腫)になるのです。

 

そんなむくみから考えられる病気をいくつか紹介します。

 

【循環器系】

・心不全

・深部静脈血栓症

・肺性心

・リンパ浮腫

・肥満性浮腫

 

【血液内分泌系】

・脚気

・慢性甲状腺炎

・甲状腺機能低下症

 

【消火器系】

・肝硬変

 

【泌尿器系】

・ネフローゼ症候群

・急性糸球体腎炎

・慢性腎炎症候群

 

足のむくみがあるだけでこれだけの病気が考えられます。

 

また、ふくらはぎなどのむくみに対してのツボなど

鍼灸治療を行うことができます。

手技でもむくみを改善することもできます。

 

当院では体調を整えるための鍼灸治療や、

マッサージ手技療法を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

 

少しでも悩みが解決するように

治療のご提案をさせていただきます。

 

 

メニエール病と鍼灸|生野区整骨院より

2017.05.26 | Category: めまい

078363

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(めまいのイメージ)

メニエール病と鍼灸|生野区整骨院より

 

めまいはひどい時、日常生活にも支障をきたします。

めまいといっても、病気によって原因のある部位が異なります。

いろいろな種類のめまいがあるなかで、耳が原因でおこるめまいが

特徴となるのがメニエール病という病気です。

 

 

 

メニエール病とは

メニエール病は、耳の奥にある内耳と呼ばれる場所の病気です。

主な症状としては回転性めまい(ぐるぐるまわっているようなめまい)、

耳鳴り、難聴、耳閉感(耳が詰まる感じ)がみられます。

メニエール病が多く見られるのは、30代から50代の女性です。

神経質な人やストレスに悩まされている人に起こりやすい病気です。

 

メニエール病は命に関わる病気ではありません。

早期の診断・治療を行えば治療することができます。

しかし進行すると耳鳴りが残ってしまったり、

難聴になってしまったりすることがあります。

 

 

症状

何の前触れもなくグルグル回るような激しい回転性のめまいにおそわれます。

発作時間は数分から数時間と長く、不定期に起こります。

さらに吐き気や冷や汗などの症状もみられます。

難聴や耳鳴り、耳閉感も現れますが、これらの症状は

めまいの発作がおさまるとともに軽減していきます。

 

 

治療

 

鍼灸治療

ストレスや疲労により体のバランスが乱れているのに対して、

全身治療によりリラックスさせ体のバランスの乱れを整えます。

 

生活習慣の改善が基本

○十分な睡眠をとる

○軽い運動を行う

○適度に水分を補給する

 

薬物療法

利尿薬や循環改善薬、ステロイド薬などが使われます。

 

 

メニエール病に対する鍼灸効果は

WHOにも認められて科学的にも証明されています。

 

WHOとは世界保健機構といい災害時の国際間での

情報共有や国際基準の設定などをおこなっている組織の通称。

 

 

 

当院では鍼灸治療をおこなっています。

我々専門家にご相談ください。

最適な処置をご提案させて頂きます。

頭痛について|生野区整骨院より

2017.05.25 | Category: 頭痛

もやもや

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(頭痛のイメージ)

 

頭痛について|生野区整骨院より

 

15歳以上の日本人のうち、3人に1人は「頭痛もち」で、

3000万人以上が悩んでいるといわれます。

これほど身近ということもあって、

「頭痛くらい」と軽く考えられがちですが、

ひどくなると生活に支障をきたす場合や、

命にかかわる病気が隠れていることもあります。

 

頭痛と一言で言っても、その原因は様々で、

それよって予防法や対処法が大きく異なるため、

一歩間違えればかえって痛みが悪化するなど、

逆効果にもなりかねません。

 

そこで、身近な「片頭痛(へんずつう)」と

「緊張型頭痛」を例に、頭痛の原因・対処法について

書いていきたいと思います。

 

・脳の血管が拡がって痛む「片頭痛」

 

何らかの理由で脳の血管が急激に拡張して起きるのが「片頭痛」です。 

の血管が拡張することで、

周囲の三叉(さんさ)神経を刺激し、

刺激で発生する炎症物質がさらに血管を拡張して「片頭痛」を発症します。

 

心身のストレスから解放されたときに

急に血管が拡張することがあり、

仕事のない週末などに「片頭痛」が起こりやすくなります。

そのほか、寝過ぎ、寝不足、女性ホルモンの変動、

空腹、疲労、光や音の強い刺激なども、

「片頭痛」の誘因とされています。

 

 

・頭の周りの筋肉が緊張して痛む「緊張型頭痛」

 

「緊張型頭痛」は、頭の横の筋肉や、

肩や首の筋肉が緊張することで起きます。

筋肉の緊張で血流が悪くなった結果、

筋肉内に老廃物がたまり、

その周囲の神経が刺激されて起きる痛みです。

 

「緊張型頭痛」を引き起こす原因は、

精神的・身体的ストレスであることが多く、

コンピューター操作などで

長時間同じ姿勢をとり続けている人に起こりやすい病気です。

また、筋肉の緊張ではなく、

うつ病など心の病気が原因となる

「緊張型頭痛」もあり、また「片頭痛」を併せ持つ人もいます。

 

・脈打つように痛み、吐き気も伴う「片頭痛」

 

「片頭痛」が起こる直前には肩こりが出ることもあり、

めかみから目のあたりがズキンズキンと

心臓の拍動に合わせるように痛みます。

 

頭の片側だけが痛いとは限らず両側が痛むこともあり、

日常生活に支障が出ることもある発作性の頭痛です。

 

「片頭痛」の特徴は体を動かして

頭の位置を変えると痛みが増幅することです。

また頭痛以外に吐き気、嘔吐、下痢などの随伴症状があり、

光、音、におい、気圧や温度の変化に対して

敏感になることも特徴です。

いったん痛み出すと2~3日間は続き、

1ヶ月に1、2度、多い人では1週間に1回と周期的に頭痛を繰り返します。

 

・頭全体が締め付けられるように痛い「緊張型頭痛」

 

午後から夕方にかけて、

目の疲れや倦怠感などとともに痛みが現れやすいのが「緊張型頭痛」

後頭部から首筋を中心に頭全体が

ギューッとしめつけられるように痛みます。

 

吐き気や嘔吐などといった頭痛以外の症状は現れず、

日常生活への支障も片頭痛ほどではありませんが、

数時間で治まる場合や、頭痛が数ヶ月以上も続くなど、

慢性化するケースもあるようです。

 

当院では頭痛に対しての鍼灸治療を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

 

少しでも悩みが解決するように

治療のご提案をさせていただきます。

梅雨時の体調不良に注意!|生野区整骨院より

2017.05.24 | Category: 豆知識

梅雨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(雨が降っているイメージ)

梅雨時の体調不良に注意!|生野区整骨院より

 

私たちを憂鬱にさせる「梅雨」のシーズンになりました。

梅雨の時期に、いろいろな体調不良で悩まれることはありませんか?

温度や湿度の変化が大きい梅雨では、

風邪、頭痛、腹痛、目まい、倦怠感、体の冷え、

肩こりや腰痛などが起こりやすいと言われています。

今日は、梅雨の体調不良について紹介したいと思います。

 

★梅雨時期に起こり得る体調不良とは?

1. 自立神経の乱れ

気温や湿度にばらつきによって自律神経の乱れが引き起こされ、

その結果「体がだるい」「頭痛」「腹痛」といった症状が現れます。

また、一日の温度差の激しさから、

「冷え」や「肩こり」の症状が出たり、

風邪をひきやすくなったりします。

 

2.湿気による不調

梅雨の大敵と言えば「湿気」。

梅雨時は湿度が高くなり、

その結果、普段よりも体内の水分が出ていきにくくなり、

体のむくみの原因になってしまいます。

食べ物は湿気に弱く、傷みやすくなっています。

傷んだ食べ物を食べてしまうことで

「食中毒」の危険性も高まってしまいます。

 

★対策

 

○ビタミンB群の必要性

体調不良で体力低下やだるさを感じる梅雨時には

「ビタミンB群」を摂取することが対策となります。

『疲労回復ビタミン』『ストレスビタミン』とも呼ばれるほど、

疲労やストレスに対して絶大な効果を発揮します。

 

ビタミンB1を多く含む食材

→玄米・豚もも肉、豚ロース肉、紅鮭

 

ビタミンB2を多く含む食材

「ビタミンB2」も、ビタミンB1とともに

疲労回復するには欠かせない栄養素です!

→魚介類、牛乳乳製品、卵。納豆や緑黄色野菜、

 キノコ類にも比較的多く含まれています。

 

★快適に眠れる睡眠環境を整えよう

心地よい睡眠のためには、睡眠環境を整えることが非常に大切です。

快眠のために最適とされる環境は「気温26度以下」「湿度50~60%」

エアコンの冷房で室温を26度前後に保つと寝やすくなります。

つけっぱなしにすると体を冷やしてしまう原因にもなるので、

タイマー機能を使いましょう。

 

 

生活習慣や食事で体調不良を改善して

この梅雨を健康に乗り切りましょう!

 

 

当院では梅雨の体調不良の相談や、

自律神経を整える鍼灸治療など行っています!!!

少しでもお悩みの方は

お気軽にご相談ください!!!

 

食欲不振の原因|生野区整骨院より

2017.05.24 | Category: 食欲不振

 

「食欲不振 イラスト」の画像検索結果

(食欲がないイメージ)

 

 

食欲不振の原因|生野区整骨院より

 

 

1.ストレスが原因となる場合

私たちの食欲は

脳の視床下部にある食欲中枢によって

コントロールされています。

視床下部では視覚や味覚、嗅覚などの情報が伝えられ、

他の器官の情報と統合されて空腹感や満腹感として

認識されるようになっています。

 

このように視床下部は食欲の調整において

重要な役割をすると同時に、

情緒の発現やコントロールにも関与しています。

 

そのため、精神的なストレスや情緒障害においても、

色々なレベルの食欲不振や

食行動の異常がみられるようになります。

 

 

2.不規則な生活習慣による場合

 

運動不足

私たちの体は運動をすることによって

エネルギーを消費しています。

運動量が不足することで活動量が低下すれば

食事による栄養補給が必要なくなり、

本能的に食欲不振になってしまいます。

 

睡眠不足

睡眠不足などの不規則な生活を続けていると、

体の色々な機能を調節する自律神経のバランスが乱れ

胃腸などの消化器の不調をもたらし、

食欲不振へと繋がります。

 

3.何らかの病気が原因となる場合

食欲がない日が数日続く場合、

何らかの病気である可能性が高くなります。

 

しかし、原因となる病気は多くあり、

食欲がないという症状だけでは特定が困難です。

ここでは、

食欲不振と共に表れる症状ごとに、

考えられる病気を紹介します。

 

・みぞおちの辺りが痛い:

       胃炎、胃潰瘍、胃がん、心筋梗塞、膵炎、膵臓がん

・タール便と呼ばれる黒い便が出る:

       食道や胃・腸などの消化管が出血している

・むくみがある:

       心不全、尿毒症

・頭痛がある:

       脳腫瘍

・熱があり、低血圧である:

       敗血症、急性副腎不全

・体重が減っている:

       ホルモンを調節する副腎や甲状腺機能に異常がある、

       結核や肺炎などの感染症

 

以上に挙げた通り、考えられる病気は様々です。

長引く食欲不振で医療機関を受診する場合は、

その他の症状もしっかりと伝えるようにしましょう。

 

当院では食欲不振に鍼灸治療を勧めております。

また、さまざまな疾患の場合もあります。

我々専門家にご相談ください。

最適な処置をご提案させて頂きます。

喘息と鍼灸|生野区整骨院より

2017.05.19 | Category: 鍼灸治療

masuku

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(咳のイメージ)

 

最近周りの人から「猫背ちゃう?」など言われてませんか。

 

喘息が続くと背中や胸が緊張して背中が曲がってくることがあります。

 

もしかしたらあなたの猫背は喘息のサインかもしれません。

 

喘息とは?

喘息とは気道の炎症が続く病気です。

 

空気の通り道である気道に炎症が起こると、空気の通りが悪くなります。

 

症状が悪化すると発作が起こり、呼吸をすることが難しい状態になり、

「ゼイゼイ」という音がするようになります。

 

 

どんな症状が起こる?

繰り返し起こる咳

 

突然現れる息苦しさ

 

喘鳴「ぜいめい」

(呼吸するときにゼイゼイ、ヒューヒューという音がする)  など

 

 

アトピー型

身体がアレルギー反応を起こして炎症が起こります。

 

気道に入ってきたダニやハウスダストなどのアレルギー源(アレルゲン)を

身体の外に追い出そうとして、咳、痰、呼吸困難といった症状がでます。

 

 

非アトピー型

原因となる物質がわからず、いろいろな物が刺激となって

炎症が引き起こされると考えられています。

 

例えば、風邪・ストレス・たばこなどがあります。

 

 

喘息に対する鍼灸効果

咳がずっと続いて夜、寝れないことってありませんか。

 

そういったときは鍼灸治療を受けてみてください。

 

咳をすると背中の筋肉がこわばってしまいます。

 

そのこわばった背中をほぐしてあげることで寝つきがよくなったりします。

 

さらに鍼灸には不眠治療もおこなっています。

 

WHOにも認められて科学的にも証明されています。

 

WHOとは世界保健機構といい災害時の国際間での

情報共有や国際基準の設定などをおこなっている組織の通称。

 

 

 

当院では鍼灸治療をおこなっています。

我々専門家にご相談ください。

最適な処置をご提案させて頂きます。

ページのトップへ戻る