TEL

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

手の指の痛みについて|生野区整骨院より

2017.12.15 | Category: 痛みについて

(指が痛いイメージ)

手の指の痛みについて|生野区整骨院より

指の関節が痛い、指が腫れている、曲げ伸ばしができない、

それはもしかしたら指の靭帯の損傷が原因かもしれません。


1⃣原因

 

手指の関節の両側には、関節を横方向へ曲がらないようにしている

側副靭帯(そくふくじんたい)という組織があります。

 

側副靭帯は、指にボールがぶつかったり、物にぶつけたりなどによって

横方向への強い力が加わった時に損傷します。

 

また、強い力の場合、靭帯の付着部の骨がはがれてしまう、

剥離骨折」が起こることがあります。

 

指の第二関節と、親指の内側の付け根によく発生します。

 

*注意

専門的には、突き指という診断名はありません。

 

突き指には、靭帯損傷、骨折、脱臼、腱断裂などの病態があります。

 

突き指だと自己判断してしまう患者さんが多いので、注意が必要です。


2⃣治療法

 

治療方法としては、

炎症が起こっているので安静にする必要があります。

 

炎症が起こった場合には、

RICE法というものが行われます。

 

RICE法とは、処置の頭文字をとったものです。

 

・R(rest)…安静

・I(ice)…冷却(アイシング)

・C(compression)…圧迫

・E(elevation)…挙上

 

患部を動かさず安静にし、

アイシングで患部を冷やします。

 

テーピングやバンテージなどで圧迫し、

心臓よりも高い位置に挙上します。

 

ただ完全な安静は難しいので、

極力動かさないようにする程度です。

 

アイシングや圧迫でしっかり炎症を抑えることが重要です。

 

さらに鍼灸には炎症による損傷の治癒能力をあげる効果があります

 

血流を良くし痛みの成分を洗い流してくれる作用もあります。

 

なので当院では鍼灸治療も併用しておこなっています。

はり

さらに併用してテーピングもおこなっています。

 

テーピングは痛みを和らげたり、筋肉の機能を手助けしたり、

関節の位置を正常に戻したりする効果があります。

 

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

12月の水分補給について|生野区整骨院より

2017.12.14 | Category: 未分類,豆知識,鍼灸治療

(水分補給のイメージ)

12月の水分補給について|生野区整骨院より

 

職場でも家庭でも何かとあわただしくなってくる12月。

皆さん最近水分補給していますか?

 

夏場は熱中症対策で水分補給していたのに涼しくなってからは、

その回数も減ってきていると思います。

 

人間の体の約60%は水分です。

毎日食べ物や飲み物などから2~2.5リットルの水分を摂取し

汗などで同じくらいの量の水分を体から出しています。

 

これは季節が変わっても変化はありません。

 

熱中症の危険性はなくなりましたが

水分補給の重要性は夏場と変わってはいないのです。

 

風邪対策に水分補給

風邪やインフルエンザの原因となるウイルスは

乾燥した状態で活発に活動します。

 

反対に湿度が50%以上になると活動が急激に低下します。

水分補給は喉や鼻の粘膜をうるおしてウイルスの侵入

防ぐ効果があるので水分補給をするように心掛けましょう。

 

脳卒中、心筋梗塞予防に水分補給

冬場には脳卒中、心筋梗塞の発症が増えていきます。

水分摂取が少なくなると血液の粘度が上がり

血液が「ドロドロ」の状態となります。

 

血液がドロドロなる事によって血管が詰まりやすくなり

結果として脳卒中や心筋梗塞を引き起こす可能性が高くなるので

冬場も水分補給が必要となります。

 

 

当院では生活習慣や体の体調不良の予防など

様々な症状に対しての相談も行っています。

少しでもお悩みの方は気軽にご相談ください。

 

ヒートショックの原因と対策|生野区整骨院より

2017.12.13 | Category: 豆知識

ヒートショックの原因と対策|生野区整骨院より

最近はだんだんと気温も下がってきて、
めっきり寒くなりましたね。
この季節に気を付けなければいけない事の一つに
ヒートショックがあげられますね。

冬になれば、トイレ入浴中

体調を崩すといったといったニュースを
ご覧になったことはございませんか?

実はこの原因が、ヒートショックなのです。

今回はヒートショック原因や対策のついて

紹介していこうと思います。

 

 

★ヒートショックとは?

例えば、寒い冬にお風呂に入るとします。

この時、暖房のよく効いた暖かい部屋から、
暖房の効いていない脱衣部屋で服を脱ぐと
体が急に冷やされます。

その後、熱い風呂でお湯につかることで、
また、急に体は温められますね。

急に体は冷やされたり、温められたりして、
血圧や心拍数に急激な変化が起こります。

この血圧の急激な上昇や下降、心拍数が速くなったり
する状態のことを言います。

冬場に温かい部屋から寒い廊下にでた時などに、
体が「ブルブルッ」となったことはありませんか?

室温が急激に変化したことにより、

体が体温を調節しようと、
血管が収縮し、血圧や脈拍が上昇します。

これにより、ヒートショックの症状である
脳出血や脳梗塞などの「脳卒中」、「心筋梗塞」が起こります。

 

 

 

★ヒートショックの原因

 

①暖房のよく効いた温かいリビングなどの部屋から、

 寒い脱衣室に入り服を脱いだり、寒い廊下やトイレに行く。

②寒い脱衣室からお風呂場に入り、
 冷えた体を一気に熱いお湯につかる。

③お風呂で長時間温まった後に脱衣室に移動し、
 冷たい空気にさらされる。

 

④寒い冬だけではありません、
 ヒートショックは真夏にも起こります。
 冷凍倉庫で作業した後や冷房のよく効いた部屋から、
 急に真夏の炎天下に出た場合。

 

温度差があるほどヒートショックが起こる可能性が高くなり、
10℃以上温度差がある場合要注意です。

 

 

 

★ヒートショックを起こしやすい人とは?

 

①65歳以上の高齢者高血圧

②糖尿病

③動脈硬化である人

④不整脈がある人

⑤肥満気味の人

⑥熱い風呂に入る人

⑦一番風呂に入ることが多い人

 

特に65歳以上の高齢者は、

血管が弱くなっていて血圧の
上昇幅が大きく、

ヒートショックを起こしやすいので

気をつけましょう。

 

 

 

★ヒートショックの対策や予防法

 

 

①食後1時間以上空けてから入浴する。

 

②入浴前後にコップ1杯づつ水を飲む

 

③脱衣室・浴室を暖かくしておく

 

④お湯の温度は低めに

 (38℃~40℃)程度のぬるめにします。
 

⑤かかり湯をしてから浴槽に入る

 

また、急に立ち上がったり、

いきなり湯船に入らないようにしましょう。

血圧が一気に上がることがあるので注意しましょう。

 

 

 

DSCN8068

 

 

 

 

 

 

 

当院の箱灸治療では血圧に変動の効果のあるツボを使い、

体を温めて自律神経を整えるのでおすすめです。

 

 

当院では体調を整えるための

骨盤矯正、鍼灸治療、マッサージ手技療法

を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

踵骨骨端症(しょうこつこったんしょう)・セーバー病って?|生野区整骨院より

2017.12.11 | Category: 成長痛

(子どもの成長のイメージ)

 

踵骨骨端症(しょうこつこったんしょう)

セーバー病って?|生野区整骨院より

 

 


1⃣セーバー病の症状

セーバー病とはジャンプやダッシュ、ストップなどの運動を沢山行なうことで

踵の部分で炎症を起こしてしまったことにより痛みを生じる疾患です。

 

例)バスケットボール・サッカー・バレーボール・剣道・陸上など

 

小・中学生の男の子に多いとされています。

 

主要な症状
・踵の部分を圧迫すると痛みがある
・7~15歳の主に男子が、運動時・運動後に踵の痛みを訴える
・安静にて症状軽快がする

 

もしセーバー病のケアをせず、痛みがあるにもかかわらず運動をし続けると、

剥離骨折(腱が骨を引っ張ることによって、骨が剥がれてしまう骨折のこと)が

起きる可能性もあります。

 


2⃣セーバー病の原因

踵骨とは、かかとの骨のこと。骨端とは、骨のはしっこという意味。

つまり踵骨骨端症/セーバー病(セーバー病で統一します)とは、

かかとの骨のはしっこ(後ろ側と下側)に痛みが起こるケガのことです。

 

そしてこのセーバー病は、成長期である7〜15歳くらいの子供に起こるケガであり、

これくらいの年齢の子供には、比較的よく起こるケガです。

 

また、「運動をする活発な子供」もしくは「肥満気味の子供」によく起こります。

 

子供の急速な成長も、セーバー病の痛みの発生の原因の1つです。

 

骨の成長に筋肉や腱が追いつかず、骨の急速な成長によって、

何もしていなくてもふくらはぎの筋肉(=腓腹筋やヒラメ筋)、アキレス腱によって、

かかとの骨が引っ張られてしまいます。

 

走ったりジャンプして着地をしたときの

単純なかかとへの繰り返し起こる衝撃も、痛みの原因の1つです。

 


3⃣セーバー病の治療

原因のところにも書いたようにアキレス腱などによって

引っ張られることによって痛みがでているわけですから、

ふくろはぎなどの柔軟性を高めるのがポイントになります。

 

なので当院では鍼灸治療をおこなっています。

はり

筋肉に直接鍼でアプローチを行うことで

緊張をゆるめて・痛みを和らげ・負担を軽減することができます。

 

緊張をゆるめることによって

血流が良くなり痛みを洗い流すことができます。

 

さらに灸による温熱療法もおこなっています。

 

筋肉を温めることにより可動域などを改善することができます。

DSCN8068

 

さらに併用してテーピングもおこなっています。

 

テーピングは痛みを和らげたり、筋肉の機能を手助けしたり、

関節の位置を正常に戻したりする効果があります。

 

テーピングを張ることにより

日常生活やスポーツなど、パフォーマンスの向上が望めます。

 

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

当院のスタッフが親切丁寧にお答え致します。

自分の「誕生月で性格診断」|生野区整骨院より

2017.12.07 | Category: 豆知識

(誕生日のイメージ)

 

自分の「誕生月で性格診断」|生野区整骨院より

DSCN8068

 

 

 

 

 

 

 

当院の箱灸治療では身体を温めて自律神経を整え、

精神状態落ち着かせることができます。

ストレスに強い体作りを目標に治療することができます。

 

当院では体調を整えるための

骨盤矯正、鍼灸治療、マッサージ手技療法

を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

冬場の健康について|生野区整骨院より

2017.12.07 | Category: 体調不良,冷え,冷え性,鍼灸治療

(冬健康イメージ)

 

冬の健康について|生野区整骨院より

12月に入って寒い季節になってきました。

急激に寒くなったりして、体調を崩す方も増えてくると思います。

今回は、冬の健康について紹介したいと思います。

 

1、感染症。

冬といえば、感染症が増えてきますが特に多いのが

インフルエンザや感染性胃腸炎です。

 

①インフルエンザ

インフルエンザウイルスは、低温(15度くらい)・

乾燥(湿度40%以下)の環境を好み、

毎年12月~3月にかけて流行します。

 

②感染性胃腸炎

近年は感染性胃腸炎の流行がその原因が

ノロウイルスです。

 

〇ノロウイルスの特徴

強い感染力を持つウイルスで体に入ると下痢や嘔吐

発熱を引き起こします。ただ、通常は1~2日で治ります。

 

 

2、寒さと乾燥対策

寒さは、暖かいところから急に寒い所へ出ると

血管が収縮して冬は高血圧になりやすくなるので

防寒着を着て温度差がないようにして出掛けましょう。

 

乾燥は、暖房を使用することにより室内の空気は

乾燥しやすくなります。

空気の入れ替えや熱いお風呂の入浴を避けたり

 

タオルのこすりすぎるのは注意しましょう。

体調を崩しやすい冬ですが注意していけば健康に

過ごせると思いますので年末年始のイベントに備えて体を

蓄えていきましょう。

 

 

当院では鍼灸治療における‘‘「箱灸」”

行うことにより

体の芯から体を温めて体調を整えて

冷えにくい体を作ることができます。

 

DSCN8068

‘‘当院では体調を整えるための鍼灸治療や、

マッサージ手技療法を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。”

 

腰部脊柱管狭窄症とは|生野区整骨院より

2017.12.06 | Category: 腰の痛みについて

 

(背骨のイメージ)

腰部脊柱管狭窄症とは|生野区整骨院より

腰部脊柱管狭窄症の症状

腰や下半身の痛みやしびれ
・お尻や足が痛いorしびれる
・足の先が冷たい
・足の裏がほてる
・足の裏に1枚皮がかぶさってるように鈍く感じる
・少し歩くと痛みが強くなって、腰を丸めて休憩するとまた歩き出せる(間欠性趾行)

腰痛は比較的軽いことが多い


腰部脊柱管狭窄症の原因

腰部脊柱管狭窄症は、加齢など様々な原因で骨・関節・椎間板・靭帯などが

肥厚し、脊柱管(せきちゅうかん)と呼ばれる神経を通している管が

狭くなることにより神経を圧迫し、血行を阻害することにより症状が出る病気です。

 

腰椎椎間板ヘルニアと同様に坐骨神経痛を引き起こす病気の一つでもあります。

 

主に椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛は前かがみになると坐骨神経が引っ張られ、

症状が悪化する傾向があります。

 

これに対して脊柱管狭窄症では、後ろに腰を反るとで症状が悪化します。

 

坐骨神経痛とは

背骨から出た坐骨神経は、お尻を貫いて太ももの後ろを下がり、

ふくらはぎを通って足に広がります。

 

この神経のどこかで通り道が痛むことをを坐骨神経痛と言います。

 

 坐骨神経痛を病名だと思っている方がいますが、

これは「頭痛」等と同じように単なる症状名です。

 

原因としては腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、

腰椎分離すべり症、仙腸関節炎、梨状筋症候群、股関節疾患などさまざまです。

 


腰部脊柱管狭窄症の治療

当院では鍼灸治療をおこなっています。

鍼による筋肉への直接アプローチしたり

はり

灸による温熱療法もおこなっています。

DSCN8068

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

ストレスによる暴飲暴食を改善方法?|生野区整骨院より

2017.11.29 | Category: 豆知識

futoru

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ストレスに悩んでいるイメージ)

ストレスによる暴飲暴食を改善方法?|生野区整骨院より

 

ストレスを感じると、つい暴飲暴食に走ったり、

お菓子やジャンクフードを食べたりしてしまうことはありませんか?

暴飲暴食によって体調不良を引き起こしたりします。

今日はストレスと食生活についての関係を紹介したいと思います。

 

世代別の食事改善ポイント

 

若い世代

 

朝ごはんを抜く人が増えています。

朝ごはんを食べないと、身体がいつまでも目覚めず、

勉強や仕事に影響を及ぼします。

簡単なのは、シリアルと牛乳やヨーグルトなど。

コンビニで選ぶなら、おにぎりとサラダと牛乳、

というのもバランスがよいです。

女性の無理なダイエットは、

月経不順や骨粗鬆症を引き起こしやすくなり、危険です。

 

 

中高年

 

基礎代謝が落ちるため、

若いころと同じ食事内容では太りやすくなります。

特に、中高年の男性の2人に1人はメタボリックシンドローム(メタボ)

あるいはその予備軍ともいわれます。

お腹まわりが気になったら、減量を心がけたいですね。

理想は筋肉を維持しつつ体重を落とすこと。

低脂質、低糖質、高タンパク質の食事を心がけましょう。

 

高齢者

 

食事の量が落ちるため、体重が減り、

体力もなくなります。

高齢者は、若いころは何ともなかったような風邪や伝染病でも、

重症化してしまうことがあります。

また、高齢者は喉の渇きに鈍感になります。

喉が渇いているときは、すでに脱水状態です。

定期的に水分補給を心がけましょう。

 

 

きちんと食べると、ストレス耐性も強くなる

 

三食バランスよく食べる習慣は、

ストレスへの耐性も強くするといわれています。

さらに、身体が健康で元気だと精神状態も安定し、

ストレスでイライラしたり、

気持ちが落ち込んだりすることも少なくなります。

精神状態が安定すると、

自然と暴飲暴食が少なくなってきます。

食べることは、栄養補給以上に、

心を健やかにして毎日を楽しく過ごせます。

食生活を見直して、食べることを楽しむことこそが、

心身の健康を維持するのです。

 

 

 

DSCN8068

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院の箱灸治療では身体を温めて自律神経を整え、

精神状態落ち着かせることができます。

ストレスに強い体作りを目標に治療することができます。

 

 

 

当院では体調を整えるための

骨盤矯正、鍼灸治療、マッサージ手技療法

を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

 

当院では少しでも悩みが解決するように

治療のご提案をさせていただきます。

空気の乾燥で風邪を引きやすくなる理由について

2017.11.29 | Category: 豆知識,鍼灸治療,風邪

masuku

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(風邪のイメージ)

 

空気の乾燥で風邪を引きやすくなる理由について

 

なぜ冬は乾燥しやすいのか?

冬になると、-50℃にもなるシベリアで発生した高気圧が

日本海を渡って日本海側に雪を降らせます。

 

季節風はその後、山を越えて太平洋側に吹き降りますが

日本海側に雨や雪を降らせて水分を放出しているので

とても乾燥しています。

 

さらに冬は暖房を使用します。

空気は暖めると乾燥するので

乾燥している冬の大気が暖房により、更に乾燥が進むというわけです。

 

なぜ空気が乾燥すると風邪をひきやすくなるのか?

 

風邪症候群の原因は80~90%がウイルスの感染です。

 

ウイルスとは生きた細胞の中だけで増殖する特異な微生物のこと。

 

風邪のウイルスは200種類以上あるといわれますが

多くは冬場の低温乾燥の環境で空気中の飛散量が増加します。

 

「ゴホン10万、ハクション100万」とういう言葉がありますが

風邪をひくと1回のセキで10万個

1回のクシャミで100~200万個の飛沫が空気中にばらまかれます。

 

このウイルスは湿度の高い状況では、すぐに地面に落下してしまいます。

ところが、湿度が40%以下になると

ウイルスの水分が蒸発して軽くなるため

落下速度はゆるやかになり約30分間、空気中を漂うことになるのです。

 

空気中のウイルスは人が息を吸い込む時に鼻やノドから感染して

流行しやすくなると考えられています。

また、空気が乾燥すると、ノドの粘膜が乾燥して炎症をおこしやすくなり

ウイルスを防御する力が衰えてきます。

こうしたことが重なって、空気が乾燥する冬には風邪をひきやすくなります。

 

(乾燥予防方法)観葉植物やコップの水で湿度調節

観葉植物には室内の乾燥をやわらげる効果があります。

球根の水栽培も、水分が蒸発して室内の湿度を上げてくれます。

また、コップに水を入れておくだけでも室内は潤います。

 

ただし、これらの効果はゆるやかなので

暖房は20度くらいにして、あたためすぎないことも大切です。

コタツや電気毛布など、肌に直接触れる暖房器具は

長時間使うと肌の水分を奪ってカサカサにしてしまいます。

これらは短時間、補助的に使いましょう。

ファンヒーターなどの温風暖房でも

直接からだに当たらない位置に設置するなどの工夫をしましょう。

 

エアコンなどの暖房は、室内の空気を乾燥させます。

乾燥が激しいときには、加湿器などを用いて

湿度調節をすることをおすすめします。

 

ただし、加湿のしすぎは結露を招き

カビやダニも発生しやすくなりますので

湿度計などで室内の湿度は50%程度を目安にしましょう。

また、加湿器の水にカビが発生するのを防ぐため

加湿器内の水をこまめに入れ替え清潔にしておきましょう。

 

当院では鍼灸治療における「箱灸」を行うことにより

 体の芯から体を温めて体調を整え免疫力を高めて

 風邪を引きにくい体を作ることができます。

 

DSCN8068

 

 

当院ではた免疫力を高めるめ鍼灸治療や

マッサージ手技療法を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

 

当院では少しでも悩みが解決するように

治療のご提案をさせていただきます。

太ももの後ろ側の痛みについて|生野区整骨院より

2017.11.24 | Category: 足の痛みについて

 

303

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ランニングのイメージ)

 

 

太ももの後ろ側の痛みについて

 

太ももの後ろ側には大腿二頭筋とよばれる筋肉があります。

 

もしかしたらその筋肉が原因で痛みが出ているのかもしれません。

 

①大腿二頭筋損傷の症状

 

・太ももの後ろが痛む(多くの場合は裂けた感覚がある)
・歩行、ダッシュすると痛い
・ストレッチすると痛い
・太ももの後ろが部分的に陥没している

 

②大腿二頭筋損傷の原因

 

『大腿二頭筋』とは、膝を曲げる時に使う強靭な筋肉で、

太ももの後側にあります

 

太ももの後面にはもう二つの筋肉があり、

あわせて「ハムストリングス」と呼びます。

 

この筋肉に何らかの急激な力が加わることで

肉離れを起こしたり、外力が筋肉にかかることにより損傷します。

 

多くはランニングや自転車・スキー・スケートなどの

急激な筋肉の伸ばす動作の多いスポーツ競技において多く発生します

筋肉が損傷すると赤くなったり腫れたり、

内出血、患部を押したときの痛みがでます。

 

③大腿四頭筋損傷の治療

 

治療方法としては、

炎症が起こっているので安静にする必要があります。

 

炎症が起こった場合には、

RICE法というものが行われます。

 

RICE法とは、処置の頭文字をとったものです。

 

・R(rest)…安静

・I(ice)…冷却(アイシング)

・C(compression)…圧迫

・E(elevation)…挙上

 

患部を動かさず安静にし、

アイシングで患部を冷やします。

 

テーピングやバンテージなどで圧迫し、

心臓よりも高い位置に挙上します。

 

ただ完全な安静は難しいので、

極力動かさないようにする程度です。

 

アイシングや圧迫でしっかり炎症を抑えることが重要です。

 

さらに鍼灸には炎症による損傷の治癒能力をあげる効果があります。

 

血流を良くし痛みの成分を洗い流してくれる作用もあります。

 

なので当院では鍼灸治療も併用しておこなっています。

 

はり

 

さらに併用してテーピングもおこなっています。

 

テーピングは痛みを和らげたり、筋肉の機能を手助けしたり、

関節の位置を正常に戻したりする効果があります。

 

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

ページのトップへ戻る