MENU
TEL LINE

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

交通事故による「むち打ち」について

2018.02.22 | Category: 交通事故のまめ知識,交通事故治療

(むち打ちのイメージ)

 

交通事故による「むち打ち」について

 

「むち打ち」とは??

交通事故やスポーツによって首に不自然な力が加わって

「首が痛い・首が回らない」といった症状を発症する怪我の一種です。

 

首に力が加わる際に、首がS字にしなる事が

鞭を打った様な形になるため「むちうち症」と呼ばれています。

そんな「むち打ち」の中でも5つ種類があります

 

・頸椎捻挫

むちうちの大部分がこの「頚椎捻挫」です。

いわゆる、首の捻挫ですが頭部を支える首を負傷することで

首・肩・背中のコリや痛みなどの弊害が及びます。

 

・バレーリュー症状型

衝撃が首の骨を通り越して

自律神経まで傷つけた際に発症するものを「バレー・リュー症状」と言います。

自律神経を傷つけた症状としては、めまいや耳鳴り、息苦しさなどがあります。

 

・神経根症状型

神経を支える根本が引き伸ばされたり、圧縮され負荷を受けるケースです。

身体の各部位に痺れを感じたり、力が入らないような症状が出ます。

 

・脊髄症状型

直接脊髄まで損傷してしまう症状です。

脊髄の損傷により、体にマヒが残り

知覚障害や歩行障害を併発してしまうことがあります。

そして、この場合後遺障害として今後も残ってしまう可能性がある非常に危険な症状です。

 

・脳髄液減少型

非常に珍しいケースですが、事故の衝撃により脳髄液が漏れだし

様々な症状を併発してしまう場合もあります。

症状としては主に、全身の痛み、聴力・資力・味覚障害、倦怠感、自律神経症などがあります。

 

以上5つの種類の中でも主に頚椎捻挫(けいついねんざ)

バレー・リュー症状型がむちうち症の大部分で

その名の通り首に負荷がかかる事で起きた「首の捻挫」となります。

 

むちうちの治し方としては医師の診断のもと

整形外科や整骨院で専門のマッサージやリハビリに励むことになります。

 

例えば、交通事故で事故に遭い

「首はちょっと痛いけど目立った怪我は無かったから良かった。」

と思っていても、実はむちうちだったというケースはよく聞きます。

 

ただの首の捻挫と軽く考えていてもひどい場合

神経や脊髄を傷つけている場合もあります。

 

なので痛みや大きな外傷がなくても病院機関でしっかり検査をして

障害の有無を確認して治療を行うことが大事になります。

 

当院は、交通事故後遺症の治療はもちろんのこと

交通事故にまつわるご相談にも的確に対応する事ができる

交通事故治療専門院です。

少しでもお悩みの方はご相談ください。

冷え性を改善するお灸のツボとは?

2018.02.21 | Category: 鍼灸治療

(お灸のイメージ)

冷え性を改善するお灸のツボとは?

冷え性の女性にとっては辛い季節ですね。
特に、冷え性に悩んでらっしゃる方はいませんか?

女性は、オシャレのためだったり、仕事柄しょうがなく、
冬でもヒールのブーツやパンプスなどを
履いている女性も多いと思います。
そのまま我慢するのは、
冷え性を悪化させることにもなりかねません。

今日は冷え性の方におすすめのお灸のツボを、
3つ紹介したいと思います。

★三陰交(さんいんこう)

内側のくるぶしから指4本分上にあるツボです。

ホルモンバランスの調整をしてくれるツボで
骨盤内の血流をよくして、体の中から温めてくれます。

おなかの中から温めてくれるため、
冷え性だけでなく生理痛や更年期症状も緩和してくれます。

 

★血海(けっかい)

 

膝のお皿の骨(膝蓋骨)の内側の上から、
指3本分のところにあるツボです。

血海は、血液の流れの滞っている事を改善してくれるツボ。
冷えで滞った血液の流れを改善し、全身に巡らせる効果があります。

そのため、冷え性だけではなく、
生理痛やのぼせの改善にも効果のあるツボです。

 

★照海(しょうかい)

 

内くるぶしの真下の、親指1本分下のくぼみ。

照海は自分で体を温める力をつけてくれるツボです。

腎臓も温めてくれる効果もあるため、
腎臓と関係する『水』の代謝を高めてくれます。
それにより、冷えとむくみを同時に改善してくれるツボです。

この3つのツボを覚えれば、
冷え性の改善に効果があるだけでなく、
全身の冷えも取ることができます。
体の冷えをそのままにしておくと、
代謝が落ち、体重が落ちにくくなり、
太りやすくなりやすいです。

 

当院では冷え性を解消するためにを整えるために
鍼灸治療、マッサージ手技療法を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく少しでも

お悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

 

 

ギックリ腰について

2018.02.15 | Category: 腰の痛みについて,腰痛,鍼灸治療,骨盤矯正

(ギックリ腰のイメージ)

ギックリ腰(急性腰痛症)について

 

ギックリ腰の痛みは、経験者でないとわからないほどつらいものです。

ほとんどの人は激痛に顔をしかめ、その場で横になったまま動けないほど。

何の前ぶれもなく突然起こるので、ヨーロッパではギックリ腰を

「魔女の一撃」といいますが、まさにそんな感じです。

 

ギックリ腰は通称で病院などでは「急性腰痛症」の一つと言われています。

 

一般的にギックリ腰は

重いものを持ち上げたときに起こりやすいといわれています。

 

ところが実際には、咳やくしゃみをしたとき

ベッドや布団からからだを起こそうとしたとき、顔を洗うとき

イスに腰かけて横や後ろのものを取ろうとしたとき

ゴルフや野球の素振りを軽くしたときなど、いろんななケースがあります。

 

日常の何げない動作をしたときに、だれにでも起こりうるものなのです。

 

ギックリ腰は従来、急性の一時的な腰痛と思われていました。

ところが適切な手当てをせず長引かせてしまうと

慢性の腰痛になる可能性が高くなります。

 

とくに中高年の場合には、しっかりケアをしないと再発しやすい傾向もみられます。

 

それだけに、ギックリ腰を起こしたときの

対策や再発を含めた予防について、きちんと知っておくことが大切です。

 

 

ギックリ腰は重症の場合立ち上がることもできないのが普通です。

その場合には横向きに寝て、腰を丸めた姿勢をとると、痛みも少し楽になります。

 

激しい痛みがある場合2~3日間は自宅で安静にし、その後治療に行くようにしましょう。

自宅で安静にしている間は、マッサージなどをしてはいけません。

湿布薬などで、痛みをやわらげる程度にしましょう。

マッサージなどは専門家にまかせましょう。

 

冷湿布か温湿布か迷うところですが

靭帯や筋肉の断裂により出血や炎症を起こしているケースでは

一般的には消炎作用のある冷湿布のほうが適しています。

お風呂などで温めるのは逆効果になりがちなので

最初のうちはあまり温めないようにします。

痛みがやわらいで少し落ち着いた頃に冷湿布でも温湿布でも

本人が心地よいと感じるほうにします。

 

 

患部を氷で冷やしながら治療を行います。

これは専門家が行う治療で、冷やし方などにコツがあります。

患者さん本人や家族などが自己流で患部を

マッサージするのは腰の痛みを悪化させる原因となる可能性があるので

気をつけましょう。

 

当院ではギックリ腰に対しての

骨盤矯正、鍼灸治療、マッサージ手技療法

固定(コルセット、さらし)などを行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

 

当院では少しでも悩みが解決するように

治療のご提案をさせていただきます

 

交通事故による後遺症に対しての治療の必要性

2018.02.14 | Category: 交通事故のまめ知識

 

 

(交通事故にあっているイメージ)

交通事故による後遺症に対しての治療の必要性

交通事故のけがで大切なことは、
後遺症を残さないことが必要になります。
事故の衝撃で歪んでしまった骨格を適切に調整し、
痛めた筋肉をしっかりと治療することが必要になります。

★交通事故は初期治療が大事

レントゲンでは異常がなく、
日にち薬なのかとそのまま放置すれば
時間が経っても歪みや症状がそのままであれば、
雨の日頭痛や長時間動くと
体が辛かったりと体はますます辛くなります。

★早期の適切な治療が大切

交通事故の後遺症では、2年、3年経ってから再発したり、
雨の日や冬の寒い時期になると出てくるなど
様々な症状で苦しんでいる方が多くいます。

その原因は、初期の段階で症状を軽くみた為に、
治療を十分にしていないケースや、
レントゲンに写らないからといって筋肉や関節のゆがみを
適切に治療しなかったことで起こっている場合も多くみられます。

交通事故による後遺症を残さないためには、
初期の段階から適切な治療を行い、
しっかりと完治するまで必要な時間をかけることが大切です。

特にムチ打ち症などでは、
整形外科や病院のレントゲン検査を行っても骨に異常が無いことが多いです。
筋肉や関節の歪みなどの問題は見過ごされてしまうケースが多いので注意が必要です。
整形外科や病院のレントゲン検査で異常がないと言われても、
まだ痛みや違和感が残っている場合には治療を受けることが必要です。

 

当院では、事故で痛めた筋肉に対してPNF治療や鍼灸治療を行い
症状を軽減され、歪んでしまった骨格を手技や骨盤矯正で正常に戻し
全身のバランスを整え、事故によるつらい症状を改善させます。

少しでもお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

血管を強くする方法の3つのポイント

2018.02.08 | Category: 豆知識

血管を強くする方法の3つのポイント

 

厚生労働省の資料によると、日本人の死因の30%は心筋梗塞と

脳卒中などの血管疾患となっています。

その最大の原因になっているのが動脈硬化だと言われています。

寿命を左右する「破れない」「詰まらない」丈夫な柔軟性の有る、
血管力を上げる健康法のオススメの3つのポイント
について紹介したいと思います。

 

★どの様に動脈硬化は進むか?

血管が老化すると、血管に弾力性が無くなります。

コレステロールや中性脂肪などが血管の壁に付着し、
詰まったり硬くなったりして血管は、ゴワゴワの状態になってしまいます。

そうすると、血管の中の血液がスムーズに流れなくなり、
酸素や栄養不足になり、
血液を流そうとする生体反応として高血圧となってしまいます。

その結果、血管へ常に負担が掛かる状態となり、
動脈は弾力性を失い硬くもろくなっていきます。

進行すれば狭心症、心筋梗塞などのほか、
脳卒中(脳梗塞、脳出血)を起こすと言われています。

 

★血管老化の原因は?

動脈硬化は10歳くらいから初期病変が進むといわれ、
30歳で動脈硬化が表われると専門家は言っています。

血管の老化は55歳くらいから始まるとされています。

血管の老化の原因は、過食や運動不足、喫煙、過度のストレスなど、
生活習慣が原因で加速すると言われます。

 

★血管力を上げる方法は?

①「食」

血管も細胞からできており、
基本的には細胞を作る良質な蛋白質を摂ることが大切となります。

乳製品、大豆製品、魚貝類、牛・豚のヒレ、モモ、肩、鶏の刺身と胸肉。

魚も脂肪酸のEPAを多く含むのでお勧めです。

ただし、塩分とカロリーの調節は必要となります。

食生活の基本は、1日の適正エネルギーを保ちながら、
1日3食バランスよく食べるということに尽きる様です。

また、冬の代表的な味覚のミカンには、
血管力増進の「ヘスペリジン」という成分がたくさん含まれています。
毛細血管を強くしたり、中性脂肪を改善する働きがありますので、

この季節ならではの血管力の鍛え方といえます。

②「運動」

血管には3つの層(外膜、中膜そして内膜)があり、
内膜を鍛えることが、血管力を高めることにつながると言われています。

運動も、通勤や買い物に出かける時等に、いつもより少しだけ早歩きすることです。

1分間の脈拍が120を超えない程度の持続的な有酸素運動も効果的です。

③「入浴」
副交感神経を優位にする温めの入浴が効果的です。

交感神経が優位になると、筋肉が固くなり、血管がちぢむ為、
栄養・酸素・体温が全身に行き渡らない状態を作ってしまいます。

良く言われる効果的な入浴方法は「ぬるめの湯にゆったり入る」と言われます。

湯船に入ったとき「気持ちがいい」と感じる事です。

心地よく感じる湯の温度は人によって違いますが、
もっとも快適に感じるのは体温+4℃だと言われています。

この4℃の差が、人に心地よさを感じさせて副交感神経の働きを誘致します。

 

★合谷(ごうこく)

手の甲側の親指と人差し指の間の凹んだ部分にあるツボです。
手足の冷えや疲労回復、血液の流れをよくする効果を発揮するツボなので、
ぜひ覚えておきましょう。

当院では体調を整えるための

骨盤矯正、鍼灸治療、マッサージ手技療法

を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

花粉症が鍼灸・針治療で改善するって本当?

2018.02.08 | Category: 豆知識

(花粉症で悩んでいるイメージ)

花粉症が鍼灸・針治療で改善するって本当?
花粉症は、スギやヒノキなどの花粉が飛散する時期(主に春先から初夏にかけて)、
くしゃみ、鼻水、鼻づまりなど呼吸器系の症状に加え、
目の充血、かゆみなどを引き起こす不快な疾患です。

その原因は花粉と考えられがちですが、
花粉は症状を引き起こす外的要因であって根本原因ではありません。
花粉症のメカニズムと治療に適したタイミングなどを紹介したいと思います。

 

★花粉症の原因と引き起こされる症状
季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれる花粉症ですが、
日本では現在25%の人が花粉症患者と言われており、
その主なアレルゲンは、
スギ、ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、シラカンバとされています。

症状は花粉の飛散時期にずっと続くため、
複数の植物に反応する人で、長ければ3ヶ月続くこともあるそうです。
また、多くの場合、一度発症すると来シーズン以降も同じ症状が起こります。

鼻や口だけに症状が現れるのではなく、
のどや気管の粘膜に付いた花粉がかゆみや咳をひき起こしたり、
顔の肌に付着すると顔のほてりやヒリヒリを引き起こすこともあります。

 

★花粉症が起こるメカニズム
アレルゲンが口から侵入し呼吸器の粘膜に付着すると、
アレルギーの原因物質(これを抗原と言います)が
粘膜中に溶けだし体内にIgE抗体を作り出します。
これが、抗原と反応して身体に侵入した異物を排除する働きをするのです。

つまり、くしゃみや鼻水によって異物を吹き飛ばしたり洗い流すことで、
身体を防御しようとするのです。

ところが、不規則な生活や疲れなどにより免疫機能のバランスが崩れると、
IgE抗体の産生を抑制できなくなり、
花粉などの身体に害を及ぼさないものにまで過剰に反応してしまうようになります。

これにより、花粉を吸うごとにIgE抗体が増加し、
その後に激しいくしゃみ、鼻水、鼻づまりなど花粉症の症状が現れるというわけです。

 

★花粉症は鍼灸・針治療で治せる?
花粉症を根本的に改善するツボは未だに分かっていませんが、
“花粉症に効く”とされるツボはたくさんあります。
ほとんどの鍼灸治療では、このツボを刺激することにより症状を緩和させます。

花粉症治療で効果が出やすいのは、以下のようなツボです。

・百会…頭のてっぺんにあるツボ。鼻の通りを良くするとともに、

頭痛、めまいなどにも効果があります。

 

・合谷…手の甲の親指と人差し指の付け根の間で、押したら圧痛を感じるところ。
万能なツボですが、主に頭痛、のどの痛み、目の充血の緩和に効果があります。

 


★鍼灸・針による花粉症治療はタイミングが大切
鍼灸・針による花粉症治療は、花粉症が始まる時期、
つまり花粉が飛び始める時期の4週くらい前から始めるのが

ベストタイミングと言われています。

例えばスギ花粉は2~3月に飛散し始めると言われますが、
この場合は1月頃から施術をスタートし、
前もって免疫機能のバランスを整えIgE抗体の過剰な産生を抑制すれば、
症状はかなり軽減されます。

 

 

当院では体調を整えるための

骨盤矯正、鍼灸治療、マッサージ手技療法

を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

腰が痛いときの対処法について

2018.02.08 | Category: 痛みについて,腰の痛みについて,腰痛

腰痛のイメージ

腰が痛いときの対処法について

 

「腰が痛い」そう感じている人が多いのではないでしょうか?

かがんだ時、荷物を持ち上げた時など

腰に負担がかかる動作は日常の中で多く存在します。

 

「急に腰が痛くなったらどうしよう・・・」

こんなお悩みのために

腰の痛みの対処法を紹介したいと思います。

 

無理をせず治療するのが1番ですが

整骨院が開いていない時や外出時に起こった場合は

まずは痛くなった場所を触ってみて下さい。

 

手で触った時に一番熱くなっているところを冷やしてください

 

基本的に急性症状(急に痛くなった場合)は筋肉が

炎症を起こしていることが多いので

氷水などで15分程度冷やし

少し時間を置いてから再度冷やすの

繰り返しをすることをお勧めします。

 

しっかりと冷やすことで炎症が治まり

痛みが軽減させることが出来ます。

 

よく痛くなったら温めるほうがいいと思い

お風呂を長時間入る方もいるようですが、

逆効果となり痛みがひどくなる可能性があるので

温めるのは避けてください。

 

当院では腰痛に対しての

骨盤矯正、鍼灸治療、マッサージ手技療法

などを行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

 

当院では少しでも悩みが解決するように

治療のご提案をさせていただきます

寒い時期に飲みたい体を温める飲み物について|生野区整骨院より

2018.01.30 | Category: 体調不良,冷え,冷え性,生野区,豆知識

(温かい飲み物のイメージ)

 

寒い時期に飲みたい体を温める飲み物について|生野区整骨院より

まだ肌寒い朝晩もある今日この頃。
肌寒さを感じる日は、温かい飲み物が欲しくなります。

外で飲む温かい飲みものの味は格別です。

体が温まってきますが、温かい飲み物や食べ物をとっているからといって
必ず体温が上がるわけではありません。

例えば、コーヒーや緑茶は、温かくても利尿作用があるため
身体を冷やす場合もあります。

体温を上げて冷え性改善を目指すなら
飲み物はしっかりと選ぶことがポイントになります。

そこで本日は、体温を上げる飲み物を4つご紹介したいと思います。

①紅茶

紅茶はカフェインを含むため体温を下げるのでは?と思われがちですが
製造過程で発酵しているため、体温を上げる効果があるといわれています。

また、朝に飲むことで、さらに効果が高まります。
代謝が上がり、集中力もアップ。
糖質を分解してくれる働きもあるので、朝にはピッタリの飲み物です。

ショウガを入れて「ジンジャーティー」にすると
さらに体温を上げる効果が高くなります。
カフェインが入っているので
寝る前は飲むのを控えて、1日2~3杯を目安に飲むといいでしょう。

また、紅茶は甘くないと飲めないという人は
身体を温めるといわれる黒砂糖で甘みをつけるのがおすすめです。

②ココア

ココアに含まれる「テオブロミン」は
全身の血管を広げる効果があるといわれており、血流を良くします。

体温を上げる、血圧を下げるほか、ポリフェノールが豊富なため
美肌やダイエットにも効果が高いといわれています。

自律神経を整え、リラックス作用もあるため
寝る前に飲むと良質な睡眠が期待できます。

ココアにも生姜をすりおろして入れると、体温を上げる効果がアップします。

③白湯

冷え対策にいい飲み物といわれています。
お湯を沸かして体温よりも少し温度が高いくらいまで冷まして飲みます。
お湯がわかせないときには、電子レンジで温めてもいいでしょう。

白湯を飲むと、胃腸の動きが活発になり、代謝が上がるといわれています。
朝起きたときや、毎食前に飲むことで、消化の助けになります。
朝は老廃物の排出にもつながるでしょう。

また、白湯を飲むと代謝が上がりダイエット効果が得られるほか
体温が上がることで免疫力もアップするともいわれています。

光熱費だけで済むので、経済的。手軽に作ることができるのも魅力です。

 

④ほうじ茶

紅茶と同様に、お茶の葉を発酵させたほうじ茶。
ほうじ茶に含まれている「ピラジン」という成分が血液のめぐりを促進して
身体を温めてくれるといわれています。

またカフェインも少ないのでリラックス効果があり。
就寝前でも飲めるものになります。

ほうじ茶には、生姜や黒砂糖を入れてアレンジして飲むのもおすすめです。

 

以上の飲み物を飲んでこの寒い時期を乗り越えて行きましょう。

 

当院では体調を整えるための

骨盤矯正、鍼灸治療、マッサージ手技療法

を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

精神的ストレス解消法について|生野区整骨院より

2018.01.25 | Category: 体調不良,豆知識,鍼灸治療,骨盤矯正

(ストレスのイメージ)

精神的ストレス解消法について|生野区整骨院より

 

・精神的ストレスは疲労の大きな原因

心のケアは栄養、運動、睡眠と同様に疲労回復にとって非常に重要になっています。

しかし、うつ病や統合失調症など具体的な病気が発症しないとそのケアに注意が向けられないため、

多くの人は日々疲労をためてしまっています。

日々のストレスを溜め込んだ結果、鬱病などの精神疾患だけでなく、

副腎疲労(腎臓の上についているホルモンをだすもの)

などの臓器の疾患の発症を引き起こすことがあります。

ここでは、疲労の観点から、 なぜ精神的なストレスが疲労の原因になるのか、

ストレスに対処する3つの方法、ストレスを受けやすい人などについて紹介しています。

 

・ストレスとはなにか?

人間の身体は生来、ホメオスタシス(恒常性)が備わっているため、

体温、血糖値、睡眠時間など生体を常に一定のバランスに保ち続けています。

特定の外部刺激がこのホメオスタシスを崩そうとすると、 身体機能を駆使して抵抗を試みます。

この身体反応をストレス反応といい、 このストレス反応が慢性化し

身体の限界値を超えバランスを維持できなくなると、うつ病などの様々な精神疾患を生じます。

 

・ストレスと疲労の関係とは?

ストレスが疲労の原因になるのは、ストレスに対して身体が反応した結果によるものです。

運動によって筋肉が反応し疲労するように

ストレスによって身体の各臓器が反応し疲弊します。

身体はストレスに対応するため、 交感神経系の活動を活性化し

身体の各器官を戦闘態勢にします。

具体的には、 副腎皮質ホルモン(アドレナリン、ノルアドレナリン、コルチゾールなど)

の分泌を増やし、 脳を覚醒させ、筋肉への血流を増やし、

気道を広げ、消化管の活動を停止させるなど

いつでもストレスに対して戦闘、または、逃避行動に移れる状態を作り出します。

 

ストレスを溜めないようにするには日頃から適度な運動

体のケア、治療が大切です。

 

当院では体調を整えるための

骨盤矯正、鍼灸治療、マッサージ手技療法

を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

寒さと頭痛の関連性!|生野区整骨院より

2018.01.24 | Category: 豆知識

 

 

寒いと頭痛の関連性!生野区整骨院より

 

「寒くなったらなぜか頭痛が多くなってきた・・・」

頭痛は風邪やストレスなどが原因だと思いがちですが、実は、

“寒さ”も頭痛の原因との関係があります。

①冬の季節は頭痛が起きやすい
②一段と冷え込むという日に頭痛が起きる
③体が冷えると頭痛が起きやすい

こんな傾向がある方は要注意。

そこで今回は、寒いと頭痛が起きやすくなりやすい理由に
ついて紹介したいと思います。

■寒さと頭痛の関係とは?

寒いと頭痛が起きるのは、温度の変化による血管の収縮と拡張が関係しています。

寒い外から温かい室内に入ると、血管が急激に拡張し、
周囲の神経を刺激して痛みが発症します。

逆に室内から寒い外に出た場合には、
急に血管が収縮して、これまた周囲の神経を刺激してしまいます。

そうすると、首回りや頭の周囲の筋肉が緊張し、痛みを感じます。

これはかき氷を食べた時に頭が痛くなるといった現象とも共通しています。

特に冷え性の人はこの温度の変化への体の対応が追い付かず、
頭痛が起こりやすいという特徴があります。

■体の冷えが頭痛に!?

頭痛は全身の冷えと関係があります。

体の冷えによって全身の血行が悪くなり、
肩や首の筋肉に酸素や栄養が運搬されにくくなります。
そうなると、頭への血行も悪くなるため、
頭痛が起こるというメカニズムです。

この場合、肩こりと頭痛の両方の症状が現れる可能性があります。

 

■寒さへの頭痛対策とは?

 

【対策①:乾燥生姜を食べる】

元々生姜にはジンゲロールという体を温める成分があり、
古くから寒さ対策には生姜を食べると良いと言われてきました。

しかし、生の生姜に含まれるこの成分は、
体の表面を温めるに過ぎず、
一時的な限られた効果になってしまいます。

ところが、このジンゲロールは加熱し乾燥することで、
その一部がショウガオールという成分へ変化します。
このショウガオールには体の芯を温める効果があるため、
両方の成分が含まれた乾燥生姜は、
体の表面と内側両方から温める最強の冷え対策アイテムなのです。

乾燥生姜は家庭の電子レンジで簡単に作ることができます。
生姜を皮ごと薄くスライスし、
レンジで加熱してから1~2日間室内で乾燥させれば出来上がりです。

スープやお茶に入れて飲むと気軽に摂取できるのでおすすめです。

 

【対策②:運動】

冷え性の人は体の血液を全身に送り出す働きが衰えているのです。
つまり、筋肉量が少ないということが言えます。

そこで有効なのが運動をして筋肉量を増やすことです。

特に足の筋肉は収縮しながら全身に血液を送り出す働きをしているので、
足を中心に動かす運動をすると効果的です。
ウォーキング(1日15分~30分程度)で
無理なく足の筋肉を鍛えられるので、特におすすめです。

 

【対策③:半身浴】

お風呂につかることは冷え性対策に効果がありますが、
特に下半身を中心に温める半身浴が大いに効果的です。

長く入れるようにお湯の温度は、
38~40℃程度のぬるめに設定しましょう。
20~30分の時間をかけてゆっくりと入るのがポイントです。

 

 

冬には暖房をつける、夏には冷房をつけることが
日常的になってしまっている現代ですが、
体温調節機能が自然に働くような環境で過ごすことが
現代人にとってもう少し必要なのかもしれません。

ずっとエアコンのついた部屋にいる、
こたつに入りっぱなしといった自分で
体温調節しない環境にいると体の

体温調整機能がサボりがちになります。
そうすると、体が本来持っている

体温調整機能がどんどん衰えてくるのです。

そうならないように、食べ物や運動といった自然な形で体の冷えを解消していくと、
頭痛の解消につながっていきます。

当院の箱灸治療では冷えを解消することができて、

強い体作りを目標にする治療することが

できます。

当院では体調を整えるための

骨盤矯正、鍼灸治療、マッサージ手技療法

を行っています。

悩んでいることがあれば我慢するのではなく

少しでもお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

ページのトップへ戻る