TEL

バスケットボールの怪我 | 生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院
患者様の声
無料相談
営業の方はコチラへ
お問い合わせ
ブログ
全国交通事故治療専門院
カスタメイドまくら
ドイツ国際平和村
交通事故提携法律事務所

バスケットボールの怪我

バスケ選手に多い怪我に特化した治療が可能なハートフル整骨院・くすのき鍼灸院

バスケットボールのプレイヤーに多い怪我であるジャンパー膝やアキレス腱の痛みに対する治療に特化している大阪の整骨院があります。
つらい症状を早期に回復させたいという方、ご相談ください。

バスケットボールをプレイするためには、ジャンプの動作は欠かせません。他のスポーツに比べてもジャンプ動作をする回数というのはとても多く、トレーニングにおいても繰り返しのジャンプ動作が求められます。
バスケットボールにおいてジャンプ動作を繰り返していますと、膝に痛みが出てきてしまうことがあります。いわゆる、ジャンパー膝という怪我の症状です。
また、ジャンプから着地の際や、ダッシュとストップの動作を繰り返すことによって、アキレス腱など足首周辺の怪我も多くなってしまいます。

もしこういった怪我の症状があらわれてしまいますと、バスケットボールを続けていくのが困難になってしまいますので、きちんと早期に生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院にて治療していくということがとても大切なのです。
最初は違和感や軽い痛みを感じるという程度かもしれませんが、適切な治療を施しませんと次第に悪化していってしまい、結果的にバスケットボールが出来なくなってしまうことも考えられます。
ですので、痛みが出てきたというときにはトレーニングを中止して安静にすることが大切です。

生野区鶴橋・桃谷・天王寺区 ハートフル整骨院・くすのき鍼灸院では、その痛みの原因となっている部分に対して痛みを取り除くという治療はもちろんですが、全身のバランスを正常な状態にすることによって自然治癒力を高めて早く回復するようにという方法も取り入れております。
また、大事な試合などがある場合にはキネシオテーピングを貼ることで痛みを取りながら競技を継続させていくことも可能です。

ページのトップへ戻る